ナージャ・アップルフィールド 娜嘉・艾坡菲尔德

  • 简体中文名: 娜嘉・艾坡菲尔德
  • 别名: 妮嘉・苹果园
  • Nadja Applefield
  • ナージャ・アップルフィールド
  • ナージャ・アップルフィールド
  • Naaja Appurufiirudo
  • 性别:

谁收藏了ナージャ・アップルフィールド?

全部收藏会员 »
この作品の主人公。アップルフィールド孤児院で育った、プラチナブロンドと青い瞳が特徴の12歳(作中で13歳の誕生日を迎える)の少女。フランス生まれイギリス育ち(母・コレットはオーストリア人で父・レイモンはフランス人)。特技の歌と天性のダンスの才能でダンデライオン一座の踊り子になる。
    赤ん坊の頃に生き別れた母親を探すために、母縁の品々である形見のブローチ・ドレス・日記帳を持って旅を続ける。天真爛漫かつ行動的な性格で、人を疑うことを知らない純粋な心の持ち主。そのため、旅の途中で出会った男性達を惹きつける。
    旅の途中、ヘルマン一味の妨害や親友ローズマリーの裏切りによってブローチを奪われるが、怪盗黒バラ(キース)や様々な人の協力によって取り返すことに成功する。物語最終盤、様々な困難を乗り越え、プレミンジャー公爵の実の孫娘であることが証明され正式にナージャ・プレミンジャーと呼ばれるようになり、祖父・プレミンジャー公爵の妨害を退けて念願の母との再会を果たした。その後は今まで通り自立して生きるため公爵家の元に残ることを拒否し、ダンデライオン一座へと戻り旅を続けることを決意した。
    ドラマCDでは本編のその後が描かれており、突如としてご都合的に大破してしまったからくり自動車の替わりに旅立ちの資金にとコレットから渡された宝石類を全て売り払い、劇場を購入。ダンデライオン劇場と命名し、新たな人生をスタートさせた。ピーマンよりナスが好き。
    主人公の名前「ナージャ」は、フランスのシュルレアリスム作家アンドレ・ブルトンの小説『ナジャ』に登場するヒロインの名前から取られている(ただし、このアニメと小説『ナジャ』に直接の関係はまったく無い)。「ナージャ」は「希望」を意味するロシア語「ナディエージダ」に由来し、ロシア語圏ではありふれた女性名である。

出演

吐槽箱

#1 - 2016-2-19 16:30
(关于我被绑架到Bangumi当不认真样本这件事 ...)
只会让人感受到可爱与天真,完全没有现在作品里13岁少女的诱人感。这才是13岁该有的状态啊啊啊啊啊啊

prprpr
#2 - 2018-2-3 09:12
(虚ろな心)
楼上+1 弗拉明戈舞