コンフィデンスマンJP

ep.3 美術商編

时长: / 首播:2018-04-23
ラテ欄「金まみれセクハラ美術評論家と対決!!」

ボクちゃん(東出昌大)は、カフェでアルバイトをしていた画家志望の美大生・須藤ユキ(馬場ふみか)と知り合う。だが、ユキが高名な美術評論家・城ケ崎善三(石黒賢)にもてあそばれ、自殺未遂にまで追い詰められたことを知ったボクちゃんは、城ケ崎から金を奪おうと決意。ダー子(長澤まさみ)には内緒でリチャード(小日向文世)に協力を依頼した。するとリチャードは、大物相手だからダー子を加えた方が良いと判断して、勝手に彼女にも話してしまう。

城ケ崎は、貧しい家庭に生まれ育った。画家だった父は、才能に恵まれなかったものの気位だけは高かったため、母と共に苦労してきたという。美術評論家になったのも父のような画家に引導を渡すためだった。独学で古今東西のあらゆる芸術作品を学んだ城ケ崎は、バブル崩壊後に行方不明になっていたいくつかの名画を発掘して名をはせ、今では美術品を鑑定する冠番組まで持っていた。しかしその本性は、女癖が悪い上に、持ち込まれた美術品の真贋を偽って安く買い上げ、裏社会の顧客に脱税資産やマネーロンダリングの手段として密かに売却して大儲けしている、欲と金にまみれた男だった。

ダー子は、中国人バイヤー“王秀馥”として城ケ崎のオークションハウスに潜入し、金に糸目をつけずに大量の作品を買い上げることで彼の信頼を得る。さらにダー子は、城ケ崎を騙すためのタネとして、旧知の贋作画家で、あらゆる時代の有名画家のタッチを知り尽くしているという伴友則(でんでん)に、ピカソの“まだ世に知られていない作品”の制作を依頼するが……。
#1 - 2018-4-26 23:41
(那谁谁家那小谁)
这篇不错。其实美术商那句“美术欣赏是知识和情报”说的并没有错,尤其现代当代艺术的鉴赏极为困难的情况下……
打脸极其粗暴,我一开始以为会是画上出现什么那个时代不该出现的内容被识破呢……
只是靠烘烤就被骗过这个稍微有点low了。不过毕竟本剧风格是Hustle那种,不做太高要求啦
#2 - 2018-7-8 22:16
(追番日益,补番日损)
最后评论家的心境到底发生了怎样的转变(bgm39)