光原伸

  • 别名: みつはら しん
  • 性别:
  • 生日: 1964年1月31日

谁收藏了光原伸?

全部收藏会员 »

职业: 漫画家

日本の漫画家。広島県三原市出身。関西大学法学部卒。本名は原 伸光(はら のぶみつ)。代表作は『週刊少年ジャンプ』(集英社)に連載された『アウターゾーン』。樹崎聖のアシスタントを務めた経験がある。女子プロレスの大ファン。妻は同じく漫画家である浅美裕子。

1987年、「処刑の密室」で第23回(1月期)ホップ☆ステップ賞佳作を受賞し、同年に「リボルバー・クイーン」が『週刊少年ジャンプ』1987年サマースペシャルに掲載されデビュー。

その後『週刊少年ジャンプ』1989年(平成元年)サマースペシャルに読み切り作品「マジック・セラー 〜ラスト・コール〜」を掲載、これは後の代表作『アウターゾーン』の原型ともいえる作品となる。

『週刊少年ジャンプ』にて、1991年14号より1994年15号まで代表作『アウターゾーン』を連載。全15巻に及ぶ長期連載となり、連載終了後の1995年には小説版(山田隆司著、全1巻)が刊行されている。また、1997年にはジャンプコミックスセレクション版全10巻、2005年には文庫版全10巻が刊行されたほか、コンビニコミックでも刊行されている。

『アウターゾーン』連載終了以降は目立った執筆活動はないものの、集英社の雑誌を中心に作品を発表し続けている。2008年には『アウターゾーン』以来約14年ぶりの新刊『SECTOR COLLAPSE -富士山崩壊-』(監修:小山真人、原作:石黒耀)が刊行された。

2010年には『サムケ』(竹書房)にて浅美裕子との合作『めりこみおじさん』を発表。初の合作作品となる。

2011年10月の『コミック特盛 秋号 怖すぎて禁じられた怪談』(ホーム社発行・集英社発売)から新作『アウターゾーン リ:ビジテッド』の連載を開始した。

最近参与

更多作品 »

吐槽箱