村井邦彦

  • 别名: むらい くにひこ
  • 性别:
  • 生日: 1945年3月4日

谁收藏了村井邦彦?

全部收藏会员 »

职业: 音乐人

村井邦彦(むらい くにひこ、1945年3月4日 - )は、東京都出身の作曲家、音楽プロデューサー。アルファレコード創立者。ザ・テンプターズ、ザ・モップス、ザ・タイガース、ピーター、赤い鳥、辺見マリ、トワ・エ・モワ、ヴィッキーらのヒット曲で知られている。息子のヒロ・ムライはアメリカで活躍する映像作家、映画監督。

慶應義塾大学在学中、同大学の学生で構成するバンドサークル・「慶應義塾大学ライトミュージックソサエティ」に所属。大学3年の時、東京都港区赤坂においてレコード店「ドレミ商会」をオープンさせた。1966年に慶應義塾大学を卒業、グループ・サウンズ全盛期の1967年にヴイッキー・レアンドロスに『待ちくたびれた日曜日』を提供し作曲家としてデビュー、1968年にはテンプターズに『エメラルドの伝説』を提供した。

1969年にパリ・バークレー音楽出版社と契約して「マイ・ウェイ」などの版権を獲得、音楽出版社アルファ・ミュージックを設立。その後、1972年にスタジオA及びアルファ&アソシエイツ、1977年にアルファレコードを相次いで設立。プロデューサーとして松任谷由実(旧芸名荒井由実)をデビューさせた。

ティン・パン・アレーを見いだし、アーティストのレコーディングの際にはスタジオミュージシャンとして起用した。1980年代には元ティン・パン・アレーの細野晴臣を中心としたイエロー・マジック・オーケストラを成功させた。1992年、事業の海外進出を期に、活動の拠点をアメリカに移す。

作曲に関しては、東海林修に学んだところが多いと語っている。映画音楽が好きでミシェル・ルグランに私淑する。勝プロ作品などの音楽監督を経て、1978年、『悪魔の手毬唄』で音楽監督をつとめた市川崑監督『火の鳥』では映画プロデューサーとしてルグランに主題曲の作曲を依頼した。その後、発明家の上野隆司とヴィラスミュージックを立ち上げ、村井は代表取締役会長を務めている。

「月刊てりとりぃ」において連載コラム「LAについて」を連載中。「週刊てりとりぃ」では、山上路夫、宇野亜喜良、日向大介とのコラボレイションで「歌はいかがですか」という企画を連載。これは毎回書き下ろしの短い尺の歌を発表するもので、自身が作曲と歌唱を担当している。

最近参与

更多作品 »

吐槽箱