松尾スズキ 松尾勝幸

  • 简体中文名: 松尾勝幸
  • 别名: まつお かつゆき
  • 松尾スズキ
  • まつお スズキ
  • Matsuo Suzuki
  • オロチ(雌)
  • 性别:
  • 生日: 1962年12月15日
  • 引用来源: wikipedia

谁收藏了松尾スズキ?

全部收藏会员 »

职业: 声优 演员 制作人员

日本の俳優、劇作家、演出家、脚本家、映画監督、コラムニスト。福岡県北九州市八幡西区生まれ。父親は佐賀県、母親は鹿児島県阿久根市の出身。八幡大学附属高等学校(現・九州国際大学付属高等学校)、九州産業大学芸術学部デザイン学科卒業。劇団『大人計画』主宰。以前は松尾すずきと表記していた。愛猫は「オロチ(雌)」、その後「チース」。現在は飼っていない。

漫画家になりたくて高校生の時に漫画賞に応募し続け、大学ではデザインを専攻し漫画研究会に入ったが、漫研の中で最も絵が下手であった為プライドが叩き潰され、演劇研究会に入った。コメディにも興味があり高校生の時に財津一郎やジョン・ベルーシの真似を一人部屋でしていたが、演劇研究会でいよいよコメディにはまる。在学中に劇団エクボを創設、学外からも人材を集め公演を行なった。大学3年生で演劇をやめ、大学4年で絵画に目覚め、落第。心を入れ替えて就職活動をして、東京へ出る。
大学卒業後は23歳で上京し印刷会社でサラリーマンをしていたが、仕事も人間関係も上手くいかず一年で挫折。その後、イラストで細々と生計を立てながら、1980年代後半に雑誌で団員を募集し劇団大人計画を26歳で設立する。同時期にラジカル・ガジベリビンバ・システムに本名で参加している。 『ファンキー! 宇宙は見える所までしかない』で第41回岸田國士戯曲賞受賞。 以後、テレビや映画などへ役者として出演することが多くなる。
2004年公開の映画監督デビュー作『恋の門』はヴェネツィア国際映画祭に出品された。漫画原作者としても活動。特に漫画家、河井克夫との活動は名義を「チーム紅卍」としている。山本直樹の漫画原作も手がけている。コラム、小説など著書も多数。2006年1月、小説『クワイエットルームにようこそ』で第134回芥川龍之介賞候補。2010年、『老人賭博』で第142回芥川賞候補。2006年から太田出版より、松尾がスーパーバイザーをつとめる雑誌『hon-nin』が刊行されている。
私生活では、10年連れ添った妻と2007年に離婚。2014年に20歳年下の一般人女性と再婚している。

最近演出角色

更多角色 »

最近参与

更多作品 »

吐槽箱