“藤壺" ヒカルが地球にいたころ……(10) 小说

  • 出版社: KADOKAWA/エンターブレイン
  • 价格: ¥ 648
  • 发售日: 2014-04-28
  • ISBN: 404729599X
  • 作者: 野村美月

谁读这本书?

/ 2人想读 / 31人读过
ぼくを幸せにしてくれた花たちに、優しいさよならをあげたい。ぼくが、地球にいる間に――。

『わたしとあなたがはじまった場所へ。あなたが裏切った場所へ。約束をはたしに来て』――是光の携帯に届く、“藤乃"から“ヒカル"に宛てたメール。そこには、紫織子の写真が添付されていた……。信州に向かい、藤乃と対面した是光。そこへ藤乃を名乗り紫織子を誘拐した人物の情報がもたらされる。彼女の真意は何なのか。はたされなかった約束とは。ヒカルが命を落とした場所で、すべての秘密が暴かれ、そして――。感動のクライマックス!!
more...

收藏盒

8.2 力荐
Bangumi Book Ranked:--

评论

讨论版

吐槽箱

hori @ 2016-2-1 02:23

光还在地球的时候......

KERO @ 2015-10-23 23:58

帆夏结局,帆夏党值了

友人Bee⭐️v0.2 @ 2015-8-26 15:47

最后还要甜得要命,好甜,好甜。发卡,发卡,发卡。

matsu @ 2014-12-13 13:13

其实选帆夏也是最好的结局,光走好

小七海嫁给我 @ 2014-10-24 11:38

告别的时候有些伤感呢

Douding @ 2014-10-18 09:43

这是幸福,而不是诅咒。。。禁断之恋

鲸。家 @ 2014-10-7 03:10

前半部分把一至九本的悬疑终结,最后一朵花也被是光挽救。。。后半的发卡我就不提了,告别真是令人于心不忍,光离开了地球,光在这个系列也撒花完结了。。。好舍不得啊!

日立温 @ 2014-8-11 17:57

首先我是小朝党,其次因为不算喜欢这种带一点悬疑风格的作品所以无论如何我不会给满分,文少同理。光在这书读了生肉的也就第一卷扫雷,第六卷小朝和这个最终卷,但是我还是觉得这故事读得挺舒服的,虽然后期有种失控演变成后宫剧的味道,帆夏的胜利也算让我这个七濑党出了口气吧,仔细想想毕竟她是作者呢。

更多吐槽 »