白暮のクロニクル 漫画系列

推荐本条目的目录

    / 更多目录

    谁读这个系列?

    / 1人想读 / 1人读过 / 1人在读
    西暦2015年。厚生労働省の新卒公務員・伏木あかりは保健所での研修中に殺人事件に出くわしてしまう。殺された男は『オキナガ』と呼ばれる不老不死となった人間だった。
    事件現場に現れた厚労省大臣参事・竹之内唯一からの辞令で、あかりはオキナガの監督を行う部署『夜間衛生管理課』に配属される。直接の上司となった久保園に連れられて訪れた洋館にある私設図書館『按察使文庫』で出会ったのは、見た目は18歳そこそこながら、80年以上生きているオキナガ雪村魁。
    魁と共にあかりは、『オキナガ案件』と呼ばれる長命者がまつわる事件に関わっていく。そんな中で魁自身が個人的に追い続けている事件が、12年に一度の未年ごとに70年間にわたって続けられている連続殺人事件で、60年前には魁の幼馴染であり「あかりの祖母」にあたる女性長尾棗も、その連続殺人犯羊殺しの犠牲となっていた。
    more...

    收藏盒

    0.0 --
    Bangumi Book Ranked:--

    单行本

    关联条目

      评论

      讨论版

      吐槽箱

      更多吐槽 »