ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (10) 小说

  • 出版社: SBクリエイティブ
  • 价格: ¥ 713
  • 发售日: 2016-05-13
  • 页数: 440
  • ISBN: 4797386770
  • 作者: 大森 藤ノ

推荐本条目的目录

    / 更多目录

    谁读这本书?

    / 1人想读 / 15人读过 / 2人在读
    理知を備えるモンスター『異端児(ゼノス)』との邂逅も束の間、ベルはウィーネと引き離されてしまう。
    懊悩の日々に埋もれるベルだったが、ウィーネにも魔の手が迫ろうとしていた。 そして、

    『武装したモンスターの大移動を確認! ギルドは討伐任務を発令します! ! 」
    暴走する『異端児(ゼノス)』によって賽は投げられた。
    引き鉄となったのは暴悪な狩猟者(ハンター)達、代償は都市の全派閥を巻き込む動乱。
    激動のオラリオで少年は決断を迫られる。

    憧憬と怪物、現実と理想、英雄と罪人。
    人類とモンスターの狭間で、ベルは──
    「君は、本当に愚かだな……」

    これは少年が歩み、女神が記す、
    ──【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──
    more...

    大家将 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (10) 标注为

    收藏盒

    7.9 力荐
    Bangumi Book Ranked:--

    评论

    讨论版

    吐槽箱

    因果交流電灯 @ 2019-3-5 15:48

    看完整个人大脑都空了。

    firma @ 2018-1-13 20:20

    【——我欲亲赴冥府】

    waox @ 2016-12-16 23:38

    不被理解的英雄,男主终于又成长了 复活梗感觉不好玩+1

    Blackonion @ 2016-8-26 00:41

    系列到目前为止格局最庞大,动荡范围最广的一卷,宏大得扣人心弦。但感觉在最燃的地方玩起了解谜游戏,搞什么鬼……还有复活梗感觉用了就输了……接下来贝尔会怎么行动?期待后续发展

    更多吐槽 »