八月の終わりは、きっと世界の終わりに似ている。 小说

  • 中文名: 八月的终点,定与世界的终末相似
  • 作者: 天沢夏月
  • 出版社: KADOKAWA
  • 发售日: 2017-01-25
  • 页数: 274
  • ISBN: 4048926772

谁读这本书?

/ 10人想读 / 11人读过
      本当に好きだった。こんなにも人を好きになることは、この先一生ないだろうとさえ思った。言葉や仕草の一つ一つ、ちょっとした表情の変化、笑い声、髪から香る石鹸のにおい……思い出すと息が苦しくなる。まるで肺の中に、炭酸でも入っているみたいに。――透子。高校二年の夏。心臓の病が原因でなくなった彼女のことを、未だ引きずっていた成吾。あれから四年。交換日記の空白に綴られていく新しい返事。それは見間違えようもなく、透子の文字だった。
more...

大家将 八月の終わりは、きっと世界の終わりに似ている。 标注为

收藏盒

7.7 力荐
Bangumi Book Ranked:--

评论

讨论版

吐槽箱

是地榆不是胖虎 @ 2018-9-6 20:34

所谓的划分出断点,就意味着某样事物走向终点。 这说法大概是对的——无论从今开始,或是从此以后都不会变。 但唯有今年。 唯有今年八月的终点—— ——定与世界的伊始相似

糸色企鹅 @ 2018-8-4 12:23

本子很薄,气氛挺好。读的有点难过。确实是一个适合夏日的故事。

Dimpurr @ 2018-2-4 13:24

并不特别,但很美丽,属于夏天、波子汽水和逝者的故事。

枝濑透 @ 2017-12-19 00:42

猜得到的发展,猜得到的设定,猜得到的结局,但却能简单地打动人。八月末的夏天随着蝉鸣的消逝而过去,短短的四十天的回忆,在波子汽水的瓶中找到了结局。果然,夏天就是要喝碳酸汽水啊

Lain__ever @ 2017-12-15 11:24

绝症,回到过去,一系列老掉牙的设定,但并不妨碍我喜欢这个故事。“所以,请抬起头来,不要总往下看,因为你的人生往后还将继续。”

更多吐槽 »