駐在刑事2

  • 放送星期: 水曜日
  • 日曜日
  • 集数: 1
  • 开始: 2015年4月15日
  • 2020年1月26日
  • 类型: 刑事
  • 国家/地区: 日本
  • 语言: 日本语
  • 频道: 水曜ミステリー9
  • 日曜ミステリー
  • 电视台: テレビ東京
  • 官方网站: https://www.tv-tokyo.co.jp/mystery9/150415.html
  • 原作: 笹本稜平『尾根を渡る風 駐在刑事』
  • 编剧: 石原武龍、早野円
  • 导演: 皆元洋之助
  • 制片人: 橋本かおり(CP)、元村次宏、上川栄、渡辺一仁
  • 主演: 寺島進、北村有起哉、市毛良枝、多岐川裕美、笛木優子、嶋田久作、鳥羽潤、鈴之助、小林星蘭、つまみ枝豆、河合美智子、ダンカン、稲健二、佐久間哲、夛留見啓助
  • 音乐: 濱田貴司
  • 主题歌: 華原朋美「はじまりのうたが聴こえる」

谁看这部剧集?

    章节列表 [全部]:
    首播:2020-01-26

    讨论 (+1)
    元警視庁捜査一課の刑事で、今は奥多摩・水根の駐在所勤務の江波敦史(寺島進)。かつて取り調べ中に容疑者を自殺させてしまった責任を取らされこの地へやって来た。捜査一課へ戻るチャンスもあったが自ら奥多摩に留まることを決意し、「駐在さん」として住民の問題を解決する日々を過ごしている。

    ある日、奥多摩で振興観光ツアーが開催される。竜之巣小屋という山小屋のオーナー探しも兼ねたツアーだ。参加者に挨拶するはずの江波は、途中で出会った女性と話し込みツアーの出発時間に遅れてしまう。江波を待っていた旅館の女将・池原美也子(市毛良枝)によれば、その女性は有名な学校グループの理事長・宮原静子(多岐川裕美)だという。10年前、奥多摩で息子が行方不明になり、時間を作っては探しに来ているらしい。すると2人の前に静子が現れ、息子からメールが届いたと言う。「息子は生きていた」と静子が喜んでいると、江波のもとに殺人犯が奥多摩に逃亡したとの一報が入る。さらにツアーに同行していた図書館司書・内田遼子(笛木優子)からも「竜乃巣小屋、人質」と危機を知らせるメールが届く。バンガロー村の管理人・関口(ダンカン)の道案内で竜乃巣小屋に急行した江波は格闘の末、犯人を逮捕する。

    ほっとする江波だったが、格闘の際に転がり落ちた斜面で白骨遺体を発見する。遺体の手には“K”と刻印された金属プレートがあった。やがて遺体は行方不明になっていた静子の息子・智樹(夛留見啓助)と判明。江波を慕う捜査一課の南村陽平(鳥羽潤)の調べにより、メールは通信異常などで届いたものと思われた。

    そんな中、渓谷でまた遺体が発見される。遺体を見た江波は驚愕。強盗殺人事件で指名手配中の赤木(稲健二)だったのだ。それは10年前、二人組が宝石店を襲い警備員を殺害した事件で、当時、捜査一課の班長だった現・管理官の加倉井国広(北村有起哉)とともに江波も担当していた。10年前、加倉井と江波は防犯カメラの映像から赤木を突き止め行方を追っていたが、当時の管理官と捜査方針で対立した加倉井が捜査から外された。結果、捜査は難航し今も未解決となっていた。赤木発見の一報を受け現場にやって来た加倉井は、10年前の宝石強盗殺人の共犯者が、赤木の死に関わっているとにらみ、共犯者探しに総力を挙げるよう指示する。赤木の自宅を捜索した南村らは、宮原智樹の免許証が入った財布と壊れた携帯電話を見つける。

    そんな中、江波はバンガロー村で、赤木が襲った宝石店のオーナー・狭山和美(河合美智子)に遭遇する。しかも狭山は先日のツアーにも参加していた。赤木が遺体で発見された奥多摩をたびたび訪れている10年前の事件の被害者の狭山…。偶然とは思えない江波は、赤木と狭山を調べ始める…。
    more...

    收藏盒

    0.0 --
    Bangumi Real Ranked:--

    评论

    讨论版

    吐槽箱

    更多吐槽 »