むすぶと本。 『さいごの本やさん』の長い長い終わり 小说

推荐本条目的目录

    / 更多目录

    谁读这本书?

    / 2人想读 / 2人读过
    街の“最後の書店”で起こった、かけがえのない出会いと小さな奇跡の物語

    店主の急死により、閉店フェアをすることになった幸本書店。そこに現れたのは、故人の遺言により幸本書店のすべての本を任されたという都会から来た高校生・榎木むすぶ。彼は本の声が聞こえるという。その力で、店を訪れる人々を思い出の本たちと再会させてゆく。いくつもの懐かしい出会いは、やがて亡くなった店主・幸本笑門の死の真相へも繋がってゆく――。“本の味方!”榎木むすぶが繋ぐ本と人のビブリオミステリー。
    more...

    大家将 むすぶと本。 『さいごの本やさん』の長い長い終わり 标注为

    收藏盒

    9.0 神作
    Bangumi Book Ranked:--

    评论

    讨论版

    吐槽箱

    日立温 @ 2020-7-1 00:59

    風は吹いている。野村老师是真的很喜欢书店,而且书中人物在书店做的那些事我似乎也做过。真的是非常温柔的故事,充满了野村老师的浪漫。虽然老师在访谈中说这是悲伤的故事,但我知道了一切的真相后却觉得这是个幸福的故事,无论是那些书都遇到了自己合适的主人,还是那些人因为手中的书所获得的力量,更不用说那些因为书而痛苦却又经由书获得解脱的人们了吧。书本是沙,它一层层铺满人的心底,来填补那些难以痊愈的伤口。

    更多吐槽 »