迷ヒ子の家-雪の夜-

推荐本条目的目录

    / 更多目录

    谁听这张唱片?

      妖怪の集う山奥の屋敷。
      ときおり、ふらりと人間が迷い込んでしまうという。

      そうして住処に足を踏み入れてしまったあなた。
      そこで出会った雪男の雪は、人間の世界へ戻るために協力してくれることになる。

      甘い言葉を囁き、あなたを求める雪。
      しかし、その瞳に宿った妖の本性は――。

      ■キャラクター

      ・雪(ゆき)
      雪男という妖怪。
      氷を操ることができるが、あなたへの言葉は温かい。
      人間という存在に妖の身でありながら惹かれたと言い、葛藤を見せる。

      穏やかながらも、妖という存在に深く浸った考え方をしている。

      ■トラックリスト/約60分

      ・トラック1:始まりの刻/06:18
      「君さえ構わないのなら、僕に少しばかり協力させてもらえないかな?
      ……きっと、ここで会ったのも何かの縁だろうから」

      ・トラック2:雪男の恋/05:46
      「……妖怪が人間に恋い焦がれたところで、僕たちが結ばれることはない」

      ・トラック3:唇の甘さ/04:25
      「君自身、まだ自分の気持ちを測りかねているといったところかな。
      なら……少しだけ、いい?」

      ・トラック4:重なる想い06:48
      「今だけは、信じていいだろうか。……君も同じ気持ちでいてくれると」

      ・トラック5:愛し合って/24:34
      「まだ、僕の形に慣れていないだろうし……しばらくこのままでいようか?
      それとも……始めから激しくするのがお好みかい?」

      ・トラック6:真実/07:59
      「……君は僕の気持ちに応えてくれると言った。
      なら、この先も僕のことを受け入れてくれるだろう?」

      ・トラック7:囚われの迷ヒ子/08:10
      「これが人間の言う『愛』というものなのだろうね」
      more...

      曲目列表

      收藏盒

      0.0 --
      Bangumi Music Ranked:--

      评论

      讨论版

      吐槽箱

      更多吐槽 »