ROBOTICS;NOTES 瀬乃宮みさ希の未発表手記 小说

  • 中文名: 机器人笔记 赖乃宫美沙希的未发表手记
  • 册数: 1
  • 原作: 海法紀光5pb.)
  • 出版社: 电击文库
  • 价格: 600円
  • 发售日: 2012/11/10
  • 页数: 258

谁读这本书?

/ 5人想读 / 9人读过 / 1人在读 / 1人抛弃
2009年夏。日蝕が観測されたその日、種子島に住む中学三年生の瀬乃宮みさ希は、当時まだ珍しかった携帯端末(スマートフォン)を拾う。携帯を覗くとそこにはアイリがいた。アイリとは人工知能を持つAR(拡張現実)。つまりバーチャルの中にだけ存在する人格。彼女と話をしながら、携帯を返すため持ち主の家を訪れたとき、みさ希は恋に落ちた。持ち主は君島コウという科学者だった。みさ希は自分を子供扱いしない大人の男性、君島に惹かれていくが…。『ROBOTICS;NOTES』ゲーム本編では語られなかったあらゆる謎を解き明かす、科学AVGファン必読の一冊。
more...

大家将 ROBOTICS;NOTES 瀬乃宮みさ希の未発表手記 标注为

收藏盒

8.0 力荐
Bangumi Book Ranked:--

角色介绍

更多角色 »

评论

讨论版

吐槽箱

在或不在 @ 2019-2-12 03:53

补完性质,前传作品

黑须太乙 @ 2019-1-3 19:02

「我是我命运的支配者,我是我灵魂的指挥官」曾经听大和尚闲谈,说到过不要那么早看开认清,否则会很无聊的。好在男主还是成为了“被提线人偶夺取心的愚者”,这对他来说,亦是一丝救赎。

B.A.D @ 2018-3-28 11:20

感觉比原作好看了不止一点,300人委员会也初见端倪,美沙希如何一步步走向那个结局非常合理。

更多吐槽 »