2022-8-10 16:59 /
Tags: 游戏
#1 - 2022-8-10 17:00
りっちゃんの憂鬱
原文http://yellow.ribbon.to/~savess/20060630/pri1.html

その日、彼女は暇でした。
どれくらい暇かといえば、コタツの周りをぐるぐる回ったりするほど暇なのでした。
彼女の名前はリーゼル。こっちの世界では理子。
その正体はみんなから「りっちゃん」の愛称で親しまれている『鋼の姫』なのでした。

それでは皆様、ただ今よりプリンセス・ワルツ番外編



      リ・エールタ
       開幕!!!


  「りっちゃんの憂鬱 お留守番編」


その日、彼女はどうしようもなく暇でした。
ぶっちゃけて言って何もやることが無いのです。
この家唯一の男は友達の所属する草野球チームの応援に出かけています。
他の姫達も各々の用事で家にはいません。
つまり今、この家にはりっちゃんしかいないのです。
出かけようにも気が乗りません。
家事はもう全部やってあります。
飛行型携帯電話の充電(1個につき約20円かかる)も100個全部終わりました。
何もやることが無いのです。

「・・・・・あらた・・・・・・・・・くん。」

座布団に顔を埋めながら愛する男の名を呟くりっちゃん。
いくらウブで純情とはいえども、やはりそこは年頃の女の子。
暇になると好きな男のことを考えてしまうものです。

「・・・あら・・・・・た・・・くん・・・・・・。」

もう1度呟いてみると不思議と彼が自分のすぐ傍にいるような気がしてきます。
そうだ、いつだって彼は当たり前のように前を向いて笑い続けてきました。
率先して危険な場所に飛び込んでいきました。
その姿にどれだけ勇気付けられたことでしょう。
そんなピカピカ光ってる彼だからこそ彼女は彼を好きになったのです。


「あらた・・・・・く・・・ん。」

さらに呟いています。
どうやらもう駄目のようです。
思考が止まらない。
色んな所に遊びに行ったり、何気ない日常を共有したり。
妄想が次から次へと溢れ出てくる。
左を向けば新くん。
右を向けば新くん。
正面にも新くん。
後ろにも新くん。
四方八方が新くんで埋め尽くされていきます。
まさにここは新くんだけで構成された約束された理想郷(アヴァロン)。
『新のいつも座っている』座布団に顔を埋めながら、彼女の手はゆっくりと下腹部に伸びて行く・・・



「ハァ・・・ハァ・・・ハァ・・・。」

どうやら思いのあまり2回ほどヤッてしまったみたいです。
詳しい描写は作者の技量不足ゆえに勘弁してください。


そしてヤッてから大体10分。
どうやら少しずつ冷静になってきたみたいです。
まずは赤面。
そして後悔。
さらに自己嫌悪。
そんな自分をも優しく慰める彼を妄想してまた赤面。
顔どころか耳も首も真っ赤。
その姿は茹でられた蛸か海老かといった具合です。
自分でもまるで蛸のようになってるだろーなーとか思ってたら突如こんな言葉が頭に思い浮かんできました。


『彼のオカズは誰?』



無論彼とは彼女にとっての王子様である彼のことです。
考えるまでも無くお姫様たちは皆とんでもなく美人揃い。
りっちゃんは自分なんか全然パッとしない女だと思っています。
でも・・・もし万が一・・・自分を思って彼が・・・・・(///)


りっちゃん妄想中につきしばらくお待ちください


何かもう行動を起こす前に疲れ果ててるりっちゃんですが、ようやく彼の部屋の前につきました。
しかしここまで来て最後の1歩が踏み出せません。
もしも、そうもしもの話だけど
本の内容が『男装した美少女』とか『義理の姉』とかだったらどうしよう。
そんなことになったら自分は1週間は立ち直れない自身がある。
だけど知りたい、見てみたい。
不安と好奇心が鬩ぎあっておるようです。

(やっぱりこんなの良くないよね・・・)←理性
(いや、情報収集が勝利への第1歩だ。)←本能
(でも勝手に見たりしたら・・・)
(ばれなければ同じことだ)
(うう・・・)
(それとも、他の姫に盗られても良いのか?)
(!!)
(目の前で彼が他の姫と仲良くしてるのを見たいのか?)
(いや・・・見たくない・・・)
(ならば最大限の結果を出すために最大限の努力を行うのは当然のことだ)
(当然・・・)
(そうだ。・・・決して興味本位ではないぞ?)
(う、うん。そうだよね・・・)
(そうだ。これは、ほら、あれだ。単なる情報収集だ)
(うん・・・情報収集だから・・・良いんだよね?)
(まあ、良いだろう。たぶん)

理性と本能は対決どころか一致団結してしまいました。
もう彼女を止めることはできません。
恋する乙女に理屈は通用しないのです。

さて、部屋の中に入ったりっちゃんは何よりもまずこう思いました。



( ベ ッ ド が 無 い )


そうです、彼はいつも布団で寝てるのでベッドは無いのです。
一緒に働いていた職人の妻達から教わった隠し場所候補はベッドの下だけ。
他の隠し場所は知りません。
いや、そんなことはない。きっと忘れているだけだと思い直し、もう1度思い出してみました。



「エッチな本はベッドの下に隠してあるわよ。男ってそういうの好きだからね~」
「普段は眼鏡をかけておいたほうがいいわよ。男ってそういうの好きだからね~」
「武器は大きいハンマーかドリルがいいわよ。男ってそういうの好きだからね~」



どうでも良いような知識ばっかりですね。
1回だけ深くため息をついた後、気をとりなおし部屋を見回してみます。
まず目に付くのはトロフィーの数々。
つまり彼の努力の証とも言える栄光の象徴。
彼は何だかんだで下級のガードナーなら1対1で勝てるぐらい強いのです。
きっと元々才能があったのでしょうが、本人の努力によるところがとても大きいのです。
りっちゃんは知ってます。彼がこっそりクリス王子に頼んで戦闘訓練を受けていることを。
彼は前に歩み続けている。王子としての宿命を受け入れクリス王子と2人で支えあっている。
戦闘も、政治も、自分には向いてないとか逃げないでちゃんと真正面から向き合っている。
しかるに過去の自分はどうだったのか。
友達を傷つけても勝利のみを求めていたあのころの自分は。


「やっぱりすごいや・・・新くん・・・」


彼に関することならどんな些細なことでも、ますます彼を好きになってしまう。
そんな自分に呆れるどころか嬉しく思ってしまう。
もはや自分は彼から離れることはできないだろう。
彼がいなくなると思っただけで世界のすべてが壊れてしまったかのような錯覚に陥る。
きっと自分は彼の足に縋りつき泣きながら慈悲を乞うのだろう。
そんな風に思えてしまうぐらい、絶対にそんなことはしない彼が好きになってしまっているようです。


「新くん・・・。」


誰にも聞かれないように名を呟くと彼の布団に倒れこみました。
(私は何をしようとしていたんだろう?
 彼のオカズ?
 そんなの知ってどうするんの?
 いや、まあ、参考にはしようと思ってたけど、でも、やっぱり、そういうのは、ねえ?
 そうだ。それよりもこの布団を干しておいてあげよう。
 きっと彼は喜ぶだろう。
 こんなことからで良いんだ。
 焦らなくても良いんだ。
 少しずつ少しずつ私も歩んでいこう。
 彼に追いついて隣で歩めるように・・・)


「じゃあ、干しちゃおうっと。」

そう言って布団を持ち上げようと思ったその時です。
彼女の体から力が抜けました。
いや、違います。力が入らないのです。

「え・・・?どうして・・・?」

(大丈夫だ。七皇はもういない。
 とりあえず落ち着くんだ。はい、深呼吸。
 吸って~~~~~っっっっっ!!!!!)

「あ・・・う・・・ぁぁ・・・・・。」

深呼吸はするべきではありませんでした。
彼女は思いっきり吸い込んでしまったのです。
汗とかアレとか色々混じった愛する彼の体臭を。
頭がボンヤリする。体に力が入らない。いや、入ってることは入ってるようです。でも、その手は下腹部に伸びて・・・。
いけない、まずい、やばい、ピンチが危険で危くてデンジャラスです。

(駄目・・・こんなの・・・)←理性
(良いじゃないか。きっと気持ち良いぞ)←本能
(うん・・・良いよね)
(良いさ)

たった4行で理性は白旗を上げてしまいました。
なんせ彼の体臭はまさに『プリンス・スメル』とでも言うぐらいのすんごいものだったからです。
そんなのをメロメロな女の子に吸わせたらもうたまりません。
うつぶせになり大きく息を吸い込んで、そして・・・・・


「ハァ・・・ハァ・・・ハァ・・・。」


4回もヤッてしまったみたいです。
さすがのプリンセスも体力が尽きてしまったようですね。
しかしまだ足りないのか手は小刻みに動き続けています。
そういえば、このごろは毎日こうして彼を思って慰めている。
週に1日ぐらいはしない日を決めておこうかな、と思いながら体を仰向けに返しました。
なんせずっとうつぶせなので、腕は痺れるしさすがに息苦しいしで結構大変だったからです。
でも、今は少々タイミングが悪かったですね。


「ただいまー・・・・・え?」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・え?」


部屋の主がちょうど戻ってきたのです。
さて、彼女は今どんな体勢をとっているのでしょう?
まず、仰向けです。
そして、足を広げています。
ちなみに、足はドアの方に向いています。
さらに、自らのアレを指で広げています。
結論と致しましては、『丸見え』なのです。


「あ・・・・・・ぁぁ・・・・。」

彼女は思いました。
これは罰なのだと。
オカズを知りたいなどと思うからこんなことになったのだと。
きっと嫌われた。
絶対嫌われた。
彼女の世界が壊れていきます・・・。

「いや・・・見ないで・・・・・いやぁ・・・。」

思考が停止。
体も動かない。
隠さなくちゃ、逃げなくちゃと思っても、何もできない。
彼女はまさに無力。
闘う意思すら持てない哀れな子ウサギ

「理子・・・。」
「っっ!!」

ゆっくりと近づいてくる彼。
何も喋らない。
何も語らない。
その姿はまるで獲物を捕らえたオオカミにも似ていました。
ただ何だか普段と様子が違うような・・・?

「理子ぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!」
「あ~~~~~~れ~~~~~~~~」


突如りっちゃんに覆いかぶさる新くん。
しかもいつの間にかパンツ1枚のみ。
どうやら彼はかの有名なル○ンダイブもマスターしていたみたいです。


「え?あ?新くん?だ、駄目!こここここ、こんな、あの、あれ?えっと?」
「ごめん、理子。俺もう我慢できない。」
「え?あの、だから、これはあの、違うから。」
「実は俺、最近ずっと理子のことが気になってて、一人でする時も理子のことばっかりで・・・。」


良かったね、りっちゃん。
彼の最近のオカズはずっとりっちゃんだったらしいよ。


「嗚呼!もう駄目だ!理子ぉぉぉぉおおおおおお!!!」
「あ、駄目!ああああああぁぁぁぁぁぁ・・・・・・。」


必死に抵抗(のフリ)をしますが今日1日だけで6回も自分を慰めたりっちゃんに体力は残ってませんでした。
可愛い野ウサギはオオカミさんに食べられてしまったのです。
ちなみに半分は喜んで食べられたところもあるようです



こうして妊娠したりっちゃんは、再び神の血を取り戻した聖女と呼ばれたりもしたが、
そんなことは気にせず、愛する夫と子のため今日も機械弄りをするのでした。



後日談

「これは何だ?」
「これ・・・揺り篭だよ。」
「揺り篭か~・・・・・揺り篭か?」
「怪しい人が襲ってきた時のために自己防衛システム搭載。
 いざという時のためにブースターも標準装備。
 トラックにぶつかっても大丈夫な衝撃吸収クッション。
 さらにクラシックなんかを状況を判断して自動的に流してくれるシステムも搭載してあるの。」
「あ、ああ。そっか・・・。まあ、頑張れ。」
「うん!新くんとお腹の子供のためにも頑張るよ。」
「・・・そうだな。でも、無理はしないでくれよ?」

ゆっくりと2つの影が重なりました。
例えきっかけがアレだとしても、2人は今、幸せなのです。

   めでたし めでたし


そのころ・・・
ここは闇と光が交差する場所。
ここにいるは始まりの王。
ここにいるは英雄だった魔王。
形はあっても姿は無い。
言葉はあっても声は無い。
ただただそこにいる2人だけの場所。

「やっとくっついたみたいですね。」
「ああ、そうだな・・・。」
「やけに淡白な反応ですね?」
「いや、まあ一体何のためにこんなことをしたのかと思ってな。
 念話や思考操作までやって・・・。」
「そんなの決まってます。あの子を見てると過去の自分を思い出すのですよ。」
「過去の?」
「はい。内気でシャイで素直になれない過去の私です。」
(そうだな・・・過去はそんな感じだったかな・・・)
「今もそうですけどね。」
「・・・あっそう。」
「その反応は何です?」
「いや?別に?」
「そんな反応をするなら今晩は『無し』にしますよ?」
「・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・」
「・・・・・まあ、どうしてもと言うなら3回ぐらいなら。まあ。」
「やれやれ。そんなに嫌なら素直に言え。」
「だって1000年も待ってたんですから。あなたとこうすることを・・・。」
「まったく・・・。物好きな女だ・・・。」
「そんなこと言わないでください・・・。」


(本当に変わったよな・・・。まあ、こっちのほうが良いか・・・。
 深森新よ。覚悟しておけよ・・・。
 他の姫達がそろそろ攻制に出るころだ。
 たった一人の王子を求め行われるワルツ。プリンセス・ワルツ。
 お前もきっと魔王になった俺の気持ちが分かるさ。
 そして新しい魔王が生まれる・・・。
 その時は、一緒にワインでも傾けよう・・・。
 愚痴なら聞いてやるさ。
 過去の俺よ・・・。スマン。イーリスの思惑に気づけなかった俺を許せ。
 たぶん、俺が倒した魔王もこうだったのだろうな・・・。
 まさにこれはワルツだ。それも決して終わらないワルツ・・・
 いや・・・あいつらならきっと難しいことも全部まとめて
 グダグダに解決するだろうな・・・。
 あいつらは正に『王子』と『姫』なのだからな。
 『勇者』と『従者』では魔王を倒せても世界を変えることはできなかった・・・。)
 だがお前らならきっと・・・。)


そして2年後、第2次プリンセス・ワルツが行われ、嘗て無いほどの激戦が行われたのはまた別の話です。
さらにその3年後、世界全てと異世界からたどり着いた壁の姫を巻き込んだ大戦の果てに統一王国『ディープ・フォレスト』を
建国したのもまた別の話・・・。


それでは、プリンセス・ワルツ番外編


     閉幕!!!


   終わり(ワルツはまだまだ終わらない)



>>211-224 これで終わりです。
お目汚し、本当にごめん・・・
#2 - 2022-8-10 17:02
プリンセス・ワルツ外伝『ただ歩んで行こう』
来源http://yellow.ribbon.to/~savess/20060630/pri3.html
  
カーテンの隙間から朝日が差し込む。
目覚まし時計の仕事を奪い目を覚ます。
首だけを曲げて横を見ればそこには愛しい人。
寝顔は幼く、そのくせ真面目な表情にはドキリとさせれられる。
そんな時は少しだけずるいと思う。
だってこんなにも僕の心を奪っているのだから。
ゆっくりと首を伸ばし頬に口付ける。
今はこれだけ、唇は我慢だ。
だってそこは彼が目覚めた時のために取っておくからだ。
唇に触れたい衝動をおさえて頬、額、鼻、顎と様々な所に口付けていく。

「ん・・・んん。」

彼が微かに身じろぐ。
もう少しだけ寝顔を眺めていたいような気もしたがそれは諦め目覚めを祝福する言葉を言う。

「おはよう、新。」
「おはよう、クリス。」

そして今度は唇にそっと口付けた。

 
ただ歩んで行こう2/122006/05/21(日) 22:09:50 ID:NQAbCcO+0
そのままで、しばらく抱きしめあう。
心も体も安らいでゆく。
胸をくっつけ髪を撫で上げる。

「新、寝癖ついてる。」
「ん?どこ?」
「ここだ・・・」

髪をそっと口の中に含む。
ザラザラした感触が舌を踊る。
そんなことですら愛しさを覚えもごもごと唾を馴染ませる。

「汚いって、クリス。」
「ふふふ、少し汗の味がするな。・・・ん。」

寝癖のあった場所の周辺を丹念に含み、舐め、湿らせる。
新もクリスの行動にされるがままに体を預ける。
その間も互いの腕は互いを抱きしめあっていた。

「もう良いかな?じっとしてろよ。」

その腕をようやく解き黒髪に触る。
髪の流れに沿うように手櫛を滑らせる。
ゆっくりと、丁寧に、愛情を込めて。


「ほら、できたぞ。」
「ありがとう、クリス。」

横になったまま話し合う2人。
そしてそのまま再び口付ける。
愛しさを堪える事ができず舌を差し込む。

「ふ・・・うん・・・。」
「ん、んん・・・ん。」

体を擦り付けあいお互いを求め合う。
でも、まだ我慢する。
めちゃくちゃにしたいような、優しくしてあげたいような衝動を必死に抑える。
知っているからだ。
ここで我慢すれば後でもっと気持ちよくなれると。

「む・・・ん、んむ・・・。」
「ん、ん、ん・・・んん。」

流し込まれた唾液を味わい飲み込む。
昨夜の晩餐に出たワインも、シホウの米酒も、パルミードのブランデーもここまでは酔うことはできない。
2人は確かに酔っていた。
新はクリスに。
クリスは新に。
止める者などこの場には存在しない。
否、いたとしても誰も止めることはできない。


舌は相手の舌と絡み、手は相手の体を弄る。
ゆっくりと首を撫でると体を震わせ、
耳を触ればくぐもった声をあげる。
もう限界だった。
ゆっくりとクリスの体に圧し掛かる。
舌を頬から首、肩、鎖骨と少しずつ下げていく。

「く・・・ん!はん、あ!や・・・だめ・・・ん!」

焦らすようなスピードでしか下がっていかない舌に反応し、声を上げてしまう新だけの姫。
すでに秘所は十分すぎるほど濡れてしまっているがあえてそこには一切触れず胸の頂点にある突起を口に含む。

「ひゃん!んんっ、・・・あっ、ん、・・・だめぇ・・・きもちいい・・・。」

理性などすでに溶け果て新との快楽をただ求めてしまう。
少し前の自分では考えられない姿だ。
王宮の奥深くで1人で生きていた時には自慰ですらしたことはなかった。
王子となり、1人でも強く生きていかなけらばならなかったからだ。
それが今ではどうだ。
身も心も全てがただ1人の男に囚われ、差し出している。

「んっ!は、あん!・・・した、きもちいいよぉ・・・はんっ!」

そのことに疑問すら浮かばない。
2人でいることの温かさをすでに知ってしまったから。
もう1人には戻れない。
ただ歩んで行こう5/122006/05/21(日) 22:13:39 ID:NQAbCcO+0
「もう、だめ・・・いれて・・・おねがいだ、あらたぁ。」

貫かれたい。
奪われたい。
そして、新に自分の全てを愛されたい。

「もう、がまんできない・・・おねがい・・・。」

はしたなくも自らの秘所を指で広げ娼婦のように懇願する。
自分で自分の心に鎖を巻きつけているようなものだ。
今までのとは違う、新しい道だけを見続けることができるように。
だから、その鎖さえも喜んで受け入れていた。

「俺も、我慢できない。入れるよ、クリス。」
「きてぇ!はやくきてぇぇぇ!」

男としてではない。
女としてでもない。
ただの『クリス』として、『新』を求める。

「ああぁぁぁぁ!はいって・・・はあぁぁぁぁぁん!」

熱い。
竜の炎とはまた違う熱さ。
心がドロドロに溶けて相手と1つになってしまうかの様な熱さだ。

「クリス!動くぞ!」
「きてぇ!はやくきてぇぇぇぇ!」

肉と肉のぶつかり合う音。
どんなに快楽に攻め立てられようとも目線だけは交差させ腰を動かす。
でも、まだ足りない。
もっと、もっと、もっと、もっと、もっと高みへ。

「んあぁ!いい!きもちいいよぉ!あらたぁ!」
「俺も!俺もクリスの中が気持ち良い!」

激しく出し入れされたかと思えば最も奥の部分をゴリゴリと刺激したりとクリスの弱い部分を容赦なく刺激していく。
すでに両の手の指どころか足の指を使っても数え切れないほど交わっており、クリスの弱いところは全て知り尽くしているのだ。

「あらた!くる!きちゃうよぉ!あらたぁ!」
「も、もうちょっと我慢してっ!」
「むり!むりぃ!ああ!きちゃう!きちゃうぅぅぅ!はああぁぁぁぁぁぁん!」

腕が激しく震え、背中が大きく仰け反る。
絶頂に達してしまい、もはや思考は朦朧とし何も考えることができない。
戦闘においては致命的であろうと、今傍らにいるのは全ての信頼を預ける最愛の相手。
すでに全てを曝け出した相手。
ワルツの最中には文字通りに心を1つにして戦った最高の相棒だ。
今だって、射精に達することができず相当欲求不満になっているだろうに、こちらの体を気遣って何もしていない。
そんな相手が愛おしくて愛おしくてたまらない。

「ごめん、新。僕だけが・・・。」
「いや、良いよ。気にしないでくれ。」
「駄目だ!僕だけ気持ちよくなってしまうなんて、卑怯じゃないか。」
「卑怯とかそんなんじゃないと思うのだけど・・・。」
「だから、こっちで・・・な?」

そう言うと新の性器に顔を近づけ舐めあげる。
いつも蒸し暑いヴィスレイでは大人気のアイスキャンディーを舐め上げるように丹念に愛撫を加える。

「ん、んふ・・・ん・・・ん~・・・。」
「ク、クリス。ちょっ、そこ駄目だって、ひゃ!」

無論クリスが口淫に及んだことは1度や2度ではない。
そのため、クリスもまた新をどうすれば最も悦んでもらえるのかはよく知っていた。
例えばこのように裏筋を舐め上げたり。
他には、くびれの部分を舌先でなぞってみたりとか。
さらに、尿道を何度もつついてみたり。

「んむ・・・ん、ん、ん~~~・・・。」
「クリス・・・!駄目!マジでやばいって!」

新の抗議を右から左へとさらりと流し、フィニッシュのために亀頭に強く吸い付き嘗め回す。
同時に竿を強く扱きたてられるのが新が最も弱いのだ。

「ん!ん~~~~~!!」
「だ、駄目だ!出る!ううううぅぅぅ!」
ただ歩んで行こう8/122006/05/21(日) 22:19:13 ID:NQAbCcO+0
まるで魂まで吸われるかと思うような強烈な吸い付きに耐え切れず射精してしまう。
しかも、射精している間も竿を扱く手は止まらず、最後の1滴まで搾り出そうとする。
まるで、ほんの欠片ほどでも新を離したくないと言いたげな切なそうな表情で全てを吸い出す。

「んぐ、ん、ん・・・ぷは。はぁ、はぁ、はぁ。ん、新の濃かった。」
「・・・馬鹿。変なことばっか言うな。」
「馬鹿と言うな、馬鹿と。お前のせいなんだからな。」
「・・・俺だってクリスが全部欲しいよ。」
「やっぱり、お前は馬鹿だ。まあ、僕もだな。」

そっと手を握り、心地よいまどろみに身を任せる2人。
目覚まし時計が本来の役割を発揮するまではもう少しだけゆっくりしておこう。

「新、今朝は何が良い?」
「ん~、鮭食べたい。」
「分かった。残ってた2匹焼いちゃうな。」
「ん。あと、目玉焼きも。」
「塩コショウで?」
「そう、もちろん黄身は半熟で。」
「了解。つまりいつも通りだな。」
「そうさ。クリスはソースだろ?」
「まあな、1口分けてやってもいいぞ?」
「口移しなら喜んで。」
「馬鹿。」

他愛の無い会話。
ただ、それだけのことが本当に幸せだ。

炊飯器には炊きたてのご飯。
シャモジを使いお椀に移す。
もちろん2人分だ。

「はい、新。」
「あいよ。」

運ぶのは新の役目だ。
2人の朝食に欠かせない触れ合いだ。
クリスが作り、新が運ぶ。
何てことは無い日常だが、だからこそ尊く愛しい。
城の奥で1人きりだったこと。
そしてワルツの時は彼を殺そうとしてしまった。
もしかしたら贖罪なのかもしれない。
でも、それでも今のこの時を大切にしていきたいと思う。

「ねぇ、新・・・ん。」

仕草だけでキスをねだる。
いかにも、しょうがないなと言いたげな表情で顔を近づける彼。

「ん・・・。」
「ん・・・。」

そっと触れて、そっと離す。
こんな時間がたまらなく愛しい。

「新、鮭焼けた。」
「分かった。」

交わす言葉は二言、三言。
ただそれだけでも互いの心は十分に分かる。
ほら、新は今キスをしたがっている。
こっちに近いてきてじっと見つめる。

「クリス・・・ん・・・。」
「んん・・・。」

腕は腰に回され、そして少しずつ下がっていく。
だがそんなスケベな手の甲を強く抓ってやる。

「あいてててて、クリス、ごめ、痛い痛い痛いって。」
「まったく、もう駄目だ。朝食も冷めるだろ。」
「悪かったっていてててててて。ベッドの中じゃ素直なのに・・・。」
「そう言いながらまた触ろうとするな!お前は猿か!」
「ごめん!ごめん!マジで悪かった!」
「まったく・・・。これで我慢しろ。」

三度交わす口付け。
どうも、新には甘くなってしまうな。
もう少し厳しく・・・できないだろうな。

「ほら、朝食を食べよう。」


朝食は2人で並んで行う。
向かい合わせだと距離を感じてしまうからだ。
そう言ったら新は微笑みながら、良いよと言ってくれた。
僕はきっと、いや、絶対に新に依存しているだろう。
暗闇の中で1人ぼっちだった。
だれも本当の自分を見てはくれなかった。
ただ王子であることだけを望まれ強制されていた。

「どうしたんだ?クリス。そんな暗い顔をしてさ。」
「え?そんな顔してたか?」
「してた。放っておくと飛び降り自殺しそうなぐらいしてたぞ。」
「そんなことはしない!・・・とはいえ、たしかに変なことを考えていた。」
「クリスは何でも溜め込んじまうからな。俺ってそんなに頼りないかな?」
「そ、そんなことはない!その、・・・新のことは誰よりも信頼している。」
「ならもうちょっと頼ってくれよ。お前危なっかしいんだよ。」
「そうだな・・・でも、この事は大丈夫だ。もう、終わったことだからな。」
「ん、そっか。」
「ああ・・・ん。」
「ん・・・。」


首を伸ばし再び口付ける。
まるで彼の心の中を表すように暖かい。
凍った心が溶けてゆくような錯覚まで感じられる。
彼無しでは生きていけない。
そう強く実感した朝食だった。


そういえば聞いたことがある。
人間は自分に欠けている物を持っている相手を本能的に選ぶのだと。
自分と彼は父は同じだが母親は違う。
だが、母親自体も姉妹なので血筋は非常に似ていると言える。
そして、その結果祝福の力は女である自分に受け継がれてしまった。
だとすれば最初に新を求めたのは自分に無いものを持っていた片割れだったからだろうか。

そこまで考えてすぐにその考えを改めた。
そんなことがあるものか。
自分が新を求めたのは新が好きだからだ。
そのことに迷いは無い。
こんなにも好きで、好きで、たまらない。

商店街のアーケードの上で交わした誓い、それは絆。
今も薬指にある指輪は絆の象徴。
この絆さえあれば何処までだって行ける。
自分にはそれが全てだから。
この温もりを失うことなど考えただけでも恐ろしい。
だから2人で、
僕と君の2人で、
ただ歩いてゆこう。
#3 - 2022-8-10 17:03
Infinity of Our...
作者:あむゆま
来源:https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=1062386

もちたんのつぶやきで今日がクリスの誕生日だということを思い出し、クリスと新で何か書こうと思いました。数分後、いくら何でも残り1時間じゃまとめるのは無理だと悟りました。無計画ここに極まれり。…なので、C78で発刊した『ためしよみ±0』からちょっと書き加えたりしてみましたよ、というお話です。

声とか。
 感触とか。
 温もりとか。
 吐息とか。
 ――心地よい、疲労とか。

 ぼんやりと。
 そんなことを頭の中で思い描きながら、意識は覚醒した。

「……う」
 昨晩に色々と無茶をしたからか、思っていた以上に身体中がだるさを訴えている。
 だるいだけならまだしも、まだ、猛烈な眠気が襲ってきて――覚醒したばかりの意識が、早々に持って行かれそうになって。
 それでもいいのかなあ、と思いながら……
「……た」
 気のせいだろうか。
 さっきから、心地良い揺らぎが続いている。
「新。起きろ、新」
 気のせいだろうか。
 さっきから、誰かの声が聞こえている、気がする。
「いい加減にっ……」
 気のせいだろうか。
 さっきからの揺らぎと声が途切れた、よう、な……
「起きろ馬鹿者っ!」

 唐突に。
 罵声と共に、布団が捲り上げられた。

「うおっ!」
 何事かと周囲を見渡すと、こちらを睨むクリスの姿が目に入った。
「何度起こせば気が済むんだ! もう時間が無いんだから早く起きろ、この馬鹿者!」
「いや、その……ゴメン」
 いきなりまくし立てられて、とりあえず謝ってしまう。
「まったく。休みまで叩き起こす方の身にもなってほしい」
「……ん?」
 それを聞いて、ふと気付く。
 今日は何も予定が無かったはずだ、と。
「そういや、何で起こしてくれたんだ?」
「忘れたのか? あちらに戻って荷物を取って来たい、と言ったのは新だろう」
 そういえば、そんなことを言った気もする。

 けれど。
 それは別に、急ぎでどうこう、という話ではない。

 何より、
「……どうした?」
 今のクリスは、一糸纏わぬ生まれたままの姿で。
 起き抜けの意識をあらぬ方向へ向かわせるには、十分すぎる。
 ならば。
「起きないのか? 僕は別に止めないが」
「いや、起きる」
「そうか。それなら僕は先に行く……」
「起きる、けど」
 言いながら、俺はクリスの腕を掴む。
 そしてそのまま、思い切り自分の方へと引っ張った。
「なっ!」
 突然のことにバランスを崩してか、クリスはあっさりと俺の方へと倒れこんでくる。
 それをしっかりと抱きしめて、そのまま軽い体をベッドに押し倒した。
「っ!」
 一瞬、クリスはわけがわからないという表情を浮かべる。
 けれどすぐに俺の行動の理由を理解したのか、途端にその顔は真っ赤に染まり、拒絶の意思を見せた。
「ばっ、馬鹿者! 何をする!」
「ああ、悪い」
「本当だろうな? なら、この腕を離せ」
「……えーと」
 正直、悪いとは思っていない。
 けれど。
 ここで止める気は俺には無かったし、何よりクリスだって……そのどこか曖昧な表情を見る限り、まんざらでもなさそうだ、と自分の中で解釈しておくことにする。
 なので、
「悪いと思ってる。だから、離さない」
 そう、きっぱりと宣言しておいた。

 ……そうして。
 結局、荷を取りに戻るのは日が傾き始めてからになったのだった。
#4 - 2022-8-10 22:08
君と僕とお前と私
http://yellow.ribbon.to/~savess/20060630/pri2.html

薙ぎ払い、打ち払い、斬りこむ!
鋼のぶつかり合う甲高い音と荒い息だけがその場を支配していた。

汗が飛び散り、顔は苦悶の表情に満ちていて、
それでも2人は美しかった。
それはまるで、予め設えられた、2人だけのワルツを踊っているようにも見えた。

この場は、他の何者も存在しない。
この時は、他の何者も介入しない。
この戦は、他の何者も邪魔しない。

嬉しかった。
でも否定したかった。
喜んでしまった。
それが苦しかった。

自分に望まれたことは一体何か。
自分が進むべき方向はどちらか。
自分が一体、どんな存在なのか。
それを忘れたことはただの一時として無かった。

それでも、嬉しかった。
どうしようもないくらい。

君と僕とお前と私(2/34)2006/05/15(月) 22:29:58 ID:LZCRGtVC0

   プリンセス・ワルツ 外伝   『君と僕とお前と私』

深森家の朝は大抵が慌しい。

「ほら、新。クリス君。早く朝食を片付けてしまえ。」
「はーい。姉ちゃん。」
「分かりました、静さん。」

今の時刻は部屋の目覚まし時計で大体把握している。
着替えはすでに完了、教科書やノートの準備も万端。
ならば、この朝食にかけられる時間は・・・約10分!

「姉ちゃん、おかわり。」
「あ!ぼ、僕もお願いします!」
「はいはい。もっとよく噛んで食べろ。まだ余裕はあるだろう?」
「いや、今日はあいつが早めに来るって。日直らしいんだ。」
「ああ、そうだったのか。ふふ、ならゆっくりしていられないな?」
「そうなんだよ・・・あっ。」


急いで食べていたためか、味噌汁が入った椀を倒してしまった。
しかも運の悪いことに、こぼれた味噌汁はクリスの足にかかり、容赦なく熱を伝える。

「あ、あ、あ、あ、あつ!あ!あつ!」
「ああ!クリス!大丈夫か!?」
「だ、大丈夫ではない!この馬鹿者!」
「まったく、慌てて食べるからこうなるんだ。ほら、クリス君。早くズボンを脱がないと染みができるぞ?」


そう言われ、慌ててズボンを脱ごうとして、ベルトに手をかけた時点で動きが止まった。
急に顔が赤くなったりするのを見て、(熱でもあるのか?)と思った姉と弟がいたのはご愛嬌。
朴念仁な弟と超絶ブラコンな姉は血が繋がってなくとも似ているようだった。

「あ、あの!部屋で着替えてきます!予備がもう1着あるんで!」

そう言い残し全力へ部屋へと走っていくクリス。
残された2人はその後ろ姿を呆然と見ているしかできなかった。

結局、今日の朝食はこの騒動のせいでもう終わってしまった。
君と僕とお前と私(4/34)2006/05/15(月) 22:32:03 ID:LZCRGtVC0
「のどかは先に行っちまったし、まあゆっくり行くか。」
「誰のせいで先に行かせてしまったと思っている。反省が足りないぞ。」
「まあまあ、落ち着けよ、クリス。別に遅刻になるわけじゃないんだし。」
「それはそうだが・・・いーや、ここで甘やかすとすぐ調子に乗るからな、お前は。」
「げ。な、何か今日のクリス厳しくないか?」
「別に?制服に味噌汁をかけられたりしたことなんて全然気にしてないぞ。」
「気にしてるじゃん・・・」
「何か言ったか?」
「いや、何も。」
「・・・ふん、全く。」

そう呟くクリスの頬は僅かに朱に染まっていた。
何も制服を汚されたから怒っているのではない。
むしろそれぐらい、いつもの事だと笑い飛ばしていたかもしれない。
怒っていたのは自分自身にだ。

(何故だ・・・
 あの場で服を脱がなかった・・・
 静さんがいたから?いや、違う!
 恥ずかしかったんだ!
 新に見られるのが・・・
 僕は何を考えているんだ!
 僕は王子なんだぞ!
 このワルツを勝ち進んで王子になるんだ・・・
 どうして新に見られたぐらいで恥ずかしがる必要がある・・・
 ちゃんとトランクスも穿いてるし、別に男同士で恥ずかしがる必要はない・・・
 僕は女じゃない。僕は男なんだ・・・)


思い出すは今よりほんの少し昔のこと。
まだ自分があの城の中にいた時のこと。

・・・出来損ない
・・・半端者
・・・役立たず
・・・偽王子
・・・邪魔者

色々な言葉で揶揄された。
色々な言葉で嘲笑された。
色々な言葉で
色々な言葉で
言葉で
言葉で
言葉
言葉
ことばことばことばことばことばしか知らないのは自分は一人だったからそれは自分が万が一にも知られてはいけない存在だったから
でももっと色んなことで貶められていたと思う例えば見下した顔とかでだって自分は女なのだからしょうがないだから男にならなくてはいけない

王子にならなくちゃ王子にならなくちゃ王子にならなくちゃ王子にならなくちゃ王子にならなくちゃ
王子にならなくちゃ王子にならなくちゃ王子にならなくちゃ王子にならなくちゃ王子にならなくちゃ
王子にならなくちゃ王子にならなくちゃ王子にならなくちゃ王子にならなくちゃ王子にならなくちゃ
おうじにおうじにおうじにおうじにおうじにおうじにおうじにおうじにおうじにおうじにおうじにおうじに

それしか自分の進む道は無いと分かっていた。


何となく覚えている。
自分について話している人たちのこと。

・・・何故だ!何故女が生まれ・・・
・・・んなことは、今まで起こ・・・
・・・うすれば良いのだ。こん・・・
・・・これではまるで出来損な・・・
・・・ともかく民に知らせては・・・

望まれなかった自分。
男ではなかった。
それだけが、致命的だった。

僕はただ
僕はただ

僕を見てほしいだけだ。
クリスという人物を見てほしいだけだ。

女だからいけないんだ。
男になればいいんだ。
でなければ王子になれない。
自分を誰にも見てもらえない。


「・・・・・・・」
「・・・・・・・」

どうにも気まずい雰囲気が流れている。
自慢にもならないが新はこんな空気が苦手なのだ。
交差点を右に曲がった。
まだ学校までの距離は半分以上残っている。
必死に話題を探し話しかける。

「え~と、そういえばさ~。」
「え?な、何だ?」
「ほら、今朝も母ちゃん寝坊してたよな~って。」
「あ、ああ。そうだな。本当に教師としての自覚があるのか・・・?」
「まあ、母ちゃんが朝早くに起きてたらそれはそれでやばいけどな。」
「・・・いや、朝早く起きたほうがいいだろ。」
「う~ん・・・何ていうかどっちが母ちゃんらしいかと言えば、やっぱり寝坊するほうが母ちゃんらしくてさ。」

なるほど、それは納得できる。
その人物にはその人らしさというものがある。
それは誰にでも、等しく、平等に、残酷に、存在する。
王子らしいとは一体何なのか。
王子とはどんな人物が相応しいのか。
少なくとも女では駄目だろう。
ああ、いけない。
せっかく場の空気を読んで話しかけてくれたのにそんなこと考えるな。
こっちも何か話さなくては。


「まあ、確かに。いきなり変わったら驚くな。」
「だろ?寝坊しない母ちゃんなんか母ちゃんじゃねえ!」
「何を力説してるんだ。全く・・・」
「そういえば、クリスの母ちゃんは?」
「え?」
「だからさ、クリスの母ちゃんや父ちゃんはどんな人なんだ?」
「・・・あ、いや。それは、また今度にしないか?」
「え?・・・どうしたんだ?」
「・・・分かった。話す。パートナーだから話すんだぞ。他言は無用だ。」
「いや、そんな、無理に話さなくてもいいんだって!」
「でも!」
「何となく聞いてみただけだからさ。そんなつらい顔をしなくちゃ話せないのなら話さなくていいよ。」
「つらい・・・?うん。そうだな。つらい。」

思い出すだけでつらい。
自分には両親がいない。
いや、父は生きている。
しかし、自分には滅多に会ってはくれなかった。
愛しているとも、可愛いとも、生まれてくれてありがとうとも、何も言ってはくれなかった。
母はすでに死んでいる。
子供のころの話だ。
すでに母のことは霧の向こう側にあるようにぼやけて思い出せない。
君と僕とお前と私(9/34)2006/05/15(月) 22:39:05 ID:LZCRGtVC0
「・・・つらい。僕は正直言って新が羨ましい。」
「羨ましい?どうしてだ?」
「だって、新自身を見てくれる人がいるから。姉と母親。・・・いないからかな。羨ましいんだ。」
「う~ん・・・。いきなりそんなこと言われてもよく分からないぞ。俺自身を見てくれるのが羨ましい?」
「いや、いいんだ。変なこと言ってしまったな。忘れてくれ。」
「いや、でもさ、クリスはクリスなんだろ?」
「・・・は?」
「クリスはクリスだろ?今、こうやって立っているクリスがクリスなんだろ?」
「いや、その・・・馬鹿者!そういう意味ではない!」
「俺はちゃんとクリスを見てるよ?」
「っっ!!」
「そりゃ以前に女だからって変に意識しちゃったことはあるけどさ、もう2度と色眼鏡をかけたりしない!クリスはクリスだ!」

やばい。
まずい。
完全な不意打ちだ。
こんな近くにいたのだ。
自分を自分として見てくれる人が。
抱きつきたくなる。
いや、駄目だ。僕は王子だ。王子にならなくてはいけないのだ。
王子になることを望んでいる人がたくさんいるんだ。
裏切るわけにはいけない。
どうでもいいだろ、そんなの。
裏切るんじゃない。向こうが無視したからこっちも無視するんだ。
馬鹿を言え。そんなのできるか。
どうしてできないのだ。
どうしてもだ。
どうしてだ。
どうしてもだ。


必死に自分の中の思いを否定する。
今までずっと王子として、王子になるために生きてきた。
今までの自分を殺すな。
こんな感情は違う。
ただの勘違いだ。
10年だ。
10年以上も王子になることだけを望んできた。
それ以外に無かったから。
生まれた瞬間からその宿命を背負っていたのだから。
だから王子になる。
みんなそう言ってた。
神官長ギジェも、エイプリルも、みんな僕がそうなることを望んでいる。
清白を騙し続けるわけにもいかない。
だから、だから!
王子になるしかないんだ!


強迫観念とも思い込みともとれる思い。
だがクリスの中には今までそれしかなかった。
『女』の自分も『男』の自分も
『友達』も『家族』も『恋人』も
クリスには無かった。

だから否定する。
はじめて生まれたこの想いを。
愛おしいのは気のせい。
恋しいのは勘違い。
狂おしいのは気の迷い。
そう信じ続ける。


「・・・変な話しちまったな。」
「・・・そうだな。」
「この話は終わりにしようぜ。」
「ああ、そうしようか。」

助かった。
耐え切れなくなる前に向こうから話しを切ってくれた。
学校もすぐそこなんだ。
思考を切り替えなくては。

「そういえばさ、何か最近クラスメートが足りないような気が・・・」
「足りない?一体何を言ってるんだ?」
「いや、う~ん・・・やっぱ気のせいかな?」
「気のせいさ。ちゃんとみんな出席してるだろ。」

そうだ。気のせいだ。
全部気のせいなんだ。


そのころ・・・

「ふあ~ぁ~~。おはよ~静~。」
「おはよう、母さん。」
「お、今朝の朝食もまた美味そうだね~。」
「褒めてくれるのは嬉しいが、時間は大丈夫なのか?」
「え?・・・あっ。」
「やれやれ・・・まったく。寝る時間を早くしたら?」
「ん~・・・そんな早く寝られなくてね~。」
「3分で食べれば間に合うだろう。はい、ご飯。」

(封印が解けかかっている・・・
 毎晩封印を掛けなおしているんだけどな~。
 愛する弟の危機に黙っていられないってか?
 ていうか毎晩あんたの嬌声聞かされるこっちの身にもなってくれって。
 あ~あ。我が娘ながら何とも・・・)

「母さん、早く食べないと本当に間に合わなくなる。」
「はいはい。さっさと食べます。」

白米を箸で掬い口に運ぶ。
こんな当たり前の日がいつまで続くのか。
七重は笑いながらそんなことを考えていた。


校内に8小節のフレーズが流れる。
それは学校という空間から開放される福音の響き。
つまりは放課後になったのだ。

「ねーねー、クリスく~ん。私とデートしようよ~。」
「ごめん、今日は新と買い物に出かけるんだ。」
「ががーん!ルン・・・トト子ショック~!」
「ははは・・・ごめんね。」

そして開放された瞬間に突貫してきたのは嵐の姫、リリアーナ=ルンルン=ギュンスター。
『この世界』では笹原トト子と名乗っている。
プリンセスワルツに参加している姫の内の1人でまさに百戦錬磨の実力を持っている。
だがしかし、さすがの彼女もショックを隠しきれない様子だ。
それもそうだろう。なけなしの勇気を振り絞った(つもり)のデートの誘いをあえなく断られたのだから。
普通の女の子ならだれもがショックを受けてしまうに違いない。

「おーい、クリス。さっさと済ませて帰ろうぜ。」
「分かった。それじゃ、また明日ね。」
「うう~・・・さよ~なら~~~。」

「まあ、後はこっそりつけちゃうけどね~☆」


買い物客で賑わう商店街。
制服姿でティッシュやトイレットペーパーを買い込んでるのは新とクリスの2人である。
そしてその後ろでこそこそと覗き見している少女もいた。
店員は通報するかどうか迷っているのだが、まあ仮に通報されても余裕で逃げ切るので問題は無いだろう。

「これで最後か?」
「え~と、そうだな。これで必要なのは全部買ったみたいだ。」
「やれやれ。なるほどね。これは結構かさばるんだな。」
「そうなんだよ。姉ちゃんと2人で行ってたんだけどさ、クリスがきてくれて助かったよ。」
「べ、別にこれぐらい大丈夫だ。礼を言われるまでもない。部屋も借りてるのだしな。」

大丈夫だ。
話をしてても鼓動が激しくなったり顔が熱くなったりしない。
普通にすれば良いんだ。それで問題無い。
そうだ。これが普通なんだ。
友人であり戦友であるパートナーとの関係ってのはこういうものなんだ。

「ごめん、ちょっとトイレ行ってくるわ。荷物頼む。」
「ああ、分かった。ここで待ってるから早く戻ってこいよ。」

一旦別れる2人。
これを好機と見る人物が『2人』いた。

1人は彼女

「やっほ~クリスく~ん。きっぐ~☆」


そしてもう1人は彼女。

「ふ~、すっきりした・・・」
「どうも~。ごきげんよう~。」
「・・・・・え?な!エ、エイプリル・・・さん!ここ、え?男子トイレ・・・ですよね。」
「はい、もちろんですとも。そんな細かいこと気にしちゃ駄目駄目ですよ~。」
「い、いや。細かく無いかと・・・」
「それはともかく、聞きたいことがあるのですよ。」
「え・・・?それってクリスのこと・・・?」
「はい!もちろんです!最近こう・・・何と言いますか・・・挙動不審になったりしませんでしたか?」
「挙動不審・・・?ん~っと・・・」

思い出してみる。
そういえば今朝はどうも挙動不審だったような・・・」

「そういえば・・・」
「なるほど~、やっぱりですか。」
「え~と、これもやっぱり合身の影響・・・?」
「そうですね。ん~ほら、あれですよ。他人の目が気になるというか、新様の目が気になるというか・・・」
「え?俺の目が気になる?充血でもしてるのかな・・・」
「そっちの意味じゃありませんよ~。ほら、私の目を見て下さい。」
「え・・・はい。」
「もっとじっくり。」
「・・・はい。」
「もっと。」
「はい。」
「もっと。」
「・・・」
「聞こえますか~?」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」


「は~い。よくできました。100点満点あげちゃいますよ。
 これで後は、仕込みをするだけ・・・
 さあ、あなたは意識も心も私の目の中に吸い込まれてゆく~吸い込まれてゆく~
 そして私の言葉を忠実に実行するようになる~実行するようになる~
 では、まずあなたの名前は?」

「ふかもり・・・あらた・・・」

「あなたの好きな女性は?」

「みんな・・・すき・・・」

「ハーレム!?いやいや、今のはノーカンです。改めて、あなたが特別愛しているのは誰ですか?」

「・・・・・・くりす・・・・・」

「あらあら、やっぱりですか。うふふ、ではあなたに指令を与えます。」

「・・・・・」

「な~に、簡単なことですよ。チンパンジーでもできることです。まずですね~・・・」

新にとある指令を与えるエイプリル。
全ての指令を言い渡した後、彼女は何処へとも無く消えていった。
後に残ったのは何も覚えていない新だけだった。


「それにしても新君って遅いね~。」
「そうだね・・・ごめんね、君まで一緒に待たせちゃって。」
「いえいえ、良いんです!私はクリス君とお話がしたいんですから!」
「あはは・・・そうなんだ。」
「そうなんですよ~・・・ってあれ?新君がきましたよ。」

ゆっくりと近づいてくる新。
その表情には先ほどトイレの中であったことを連想させるものは皆無だった。

「こら、新!遅いじゃないか。30分も何をしていた!」
「ああ、クリス。」

そっと『抱きつく』新。
その動作はあまりにも自然なのでその場にいる者に反応できた者はいなかった。

「・・・え?」
「・・・あれぇ?」
「ごめんな・・・クリス。待たせちゃったな。」

耳元で謝罪を囁く。
それはまるで恋人が久しぶりに邂逅したかのようにも見えた。


「な、な、な、な、な、な、な!?おい!新!」
「もう、なるべく1人にはしないからさ・・・」
(ん・・・耳に息が・・・)
「悪かったと思ってるよ。・・・許してくれる?」
(だめ・・・・・新・・・暖かい・・・)
「ほらクリス。返事してくれよ。」
(く~・・・離れなきゃ・・・でも・・・・・離れられない・・・)

脳髄が痺れる。
思考が停止する。
体が動かない。
それどころか、
この腕を彼の腰に回したい。
この体を彼の体に預けたい。
この声を彼の耳に囁きたい。

「くぅぅぅ・・・・・助けて・・・笹原さん。」
「きゃ~きゃ~何これ?禁断の恋?王子と従者の禁じられた愛!?
 あ~もう、何よこれ!萌えるじゃないの~!?」

必死に助けを求めるもその声は全力で萌えている(一応)姫には悲しくも届かなかった。
もう駄目だ・・・我慢できない。そう思ってしまった瞬間だった。

「さてと、それじゃ家に帰ろっか。」
「え?」

あっさりと体を離す新。先ほどの情緒を匂わすものは何も残ってなかった。

リリアーナと別れた帰り道。
そこにいるのは普段と同じ新。
・・・見た目だけは。

「・・・だろ?」
「・・・だな。」

ごく普通の話。
ごく普通の顔。
そしてごく普通の態度。
新は普通だった。
いつもの新だった。
そこがどうしようもなくおかしかった。

(今のは一体?
 こいつが何で僕にあんなことを・・・?
 もしかして新も僕のことを!?
 ・・・いや、待て。何だ、『も』って。『新も』って。
 何を考えているんだ、僕は。
 どう考えてもおかしいだろ。
 ・・・誰かに操られている?
 ならすぐさま界律庭園に連れ込み何かに利用するんじゃ?
 う~ん、人前であんな行動をとったのはおかしいけど・・・
 仮に操られているなら何が目的なんだ?)


(指令その1!謝罪は抱きついて耳元で囁くこと。
 上手くいってるみたいですね~。)


帰宅、着替え、夕飯、入浴。
呆気ないぐらいに普段と同じように過ぎていった。
特に着替えと入浴は乱入しようものなら4、5発は殴ってやろうと思っていたので拍子抜けだった。
おかしかったのはあの抱きついてきたことだけ。
やっぱりあれはたんなる新なりのいたずらなのか?
そこまで考え込んだところで気が付いた。
この後に、最高で最悪のイベントが待っている、と。

「じゃあ、電気を消すぞ~」
「あ、ああ。いいぞ。」

合身した時の力を増すために毎日一つの布団で一緒に寝ているのだ。
だが、これは今という時にはこれ以上ないぐらいピンチでありチャンスでもある。

(違う・・・違う!
 こんなの僕じゃない!
 女と認めたら・・・僕は、僕は!)

自分の中に2人いる。
僕と言い、お前と呼ぶ自分。
私と言い、あなたと呼ぶ自分。
駄目!
良いよ。
駄目なんだ!
早くきて。
やめろ!
求めて。


心が軋む、歪む、何もかも分からなくなる。
いっそ・・・こんな思いをするなら・・・新に出会わなければ・・・・・

最後まで考えることもできずに、
隣にあった温もりが覆いかぶさってきた。

「・・・な?あら・・・た・・・?」
「・・・ん・・・クリス。」
「ちょっと、新!いきなり何を。」
「クリス・・・。」
「やめろ!前歯をへし折るぞ!やめろってば!」
「・・・。」

無言で体を密着させてくる。
いやでも感じてしまう体温。
以外と筋肉もある。贅肉も少ないけど決して筋肉質というわけではない。
考えたくないのに、考えてしまう。
思ってしまう。
知ってしまう。

「お願い・・・やめて・・・。」
「・・・クリス。」

また耳元で声を囁かれる。
息が耳の中まで入ってくる。


「・・・ん!・・・やぁ、だ・・・めぇ・・・や!」

ただ抱きしめられ耳元に口が近づいている。
それだけでこんなにも体が官能に打ちひしがれる。
頭の中も体の中もぐちゃぐちゃになる。
名前を囁かれるたびに自分の全てが感動と官能にすり替わっていく。
抑えようとしても声は漏れてしまい、秘所も熱く疼いてしまっている。
自分の全てが裏切っていく。
王子になるためだけに存在していたのに。
浅ましくも女の悦びに震えている。
相手も顔もまともに見えずに、それでも空気の動きだけでますます耳に近づいてくるのが分かる。
戦いのために必死になり今まで何度も自分を救ってきたその技能が、今だけは恨めしかった。
次に何をするのか分かってしまったからだ。

「やめ・・・あらたぁ・・・ぁぁ。」

言葉だけの抵抗を示す。
自分でも分かってる。
こんなの誘ってるようにしか聞こえないだろう。
ゆっくりと近づいてきて、小さな耳を優しく咥えこんだ。

「くあ!あぁぁぁぁぁん!!」

達してしまった。
屈服してしまった。
認めてしまった。
そして失ってしまった。
君と僕とお前と私(23/34)2006/05/15(月) 23:02:29 ID:LZCRGtVC0
「ぐ、あ・・・あああ・・・・・ああああああああああああああああああああ!!!!!!!」

満足に力が入らない体に無理やり鞭を入れ全力で押し返す。
もう遅い。
何故この力がほんの10秒前に出せなかったのか。
後悔が激しく渦巻く。
目の前の人物に気を配る余裕すら無かった。
もしもあったなら後の悲劇は防げたかもしれない。
だが、無かったのだ。
だから、今こうなるのはどうしようもなかった。

(指令その2は、寝る時に襲っちゃうこと。
 やっぱり2人とも若いですね~。
 そしてその3は・・・)

空間がずれる。
同じでありながら違うところに位置する空間。
どれだけ周りに被害を及ぼしても本来の世界には何ら影響は無い。
界律庭園に突如囚われてしまった。
いや、違う。
これを行ったのは目の前にいる人物。
その人物は剣を持っておりそれをこっちに向かって振り下ろす。

「っ!くううううう!!」
「・・・・・。」


横っ飛びに回避するクリス。
前髪が汗で額にくっつくのが気持ち悪いがそうも言っていられない。
何故なら目の前の相手は焦点が合っておらず、あからさまにだれかの催眠だか洗脳だかにかかっている様子だったからだ。

「やはりか・・・、誰かに操られていたのか。」
「・・・・・・。」

返ってくる言葉は無言。
無視しているのでは無く、こちらの言葉を認知できない様子だ。
これは典型的な操られた時のパターン。
侍女のエイプリルに何度も教えてもらった。
そしてその解除の仕方も。

「術者を殺すか・・・ぶん殴って目を覚ます!」
「・・・・・。」
「embody!」

剣を手に持ち切りかかる!
横!に見せかけたフェイントを入れ彼の持つ剣そのものに自分の剣を叩き込む!
さほど狭くも広くもない部屋の中に鳴り響く甲高い音。
全力の攻撃に耐え切れず新の剣が弾かれ後方の壁に突き刺さる。
そしてがら空きの腹を目掛けて正拳突きを叩き込もうとする。
だが、彼は床を転がり避けると同時に突き刺さった剣を抜き再び構える。
そして打ち込まずに壁を背にしてクリスの攻撃を待つ。


これは困った。
完全に『待ち』の体勢に入られた。
操られているとは新を斬るわけにはいかない。
この先のプリンセス・ワルツのために、
そして何よりも自分は王子だから。
操られた人ごと斬っているようでは王子とは言えない

「・・・いや、違う。僕は・・・僕の心は!」

認めたくない。
プリンセス・ワルツよりも、
王子としての宿命よりも、
何よりも自分自身の心が拒否している。
斬りたくない。
彼を斬るぐらいなら自分が!

「違う!違う違う違う違う違う!!!この程度、助けられないようで何が王子だ!」

新は一般人の中ではかなり強い部類に入るが、身体能力も剣の技術もこちらが上。
なら、フェイントを混ぜて揺さぶり、ガードを開けてから顎や鳩尾を殴ればいいだけだ。

「大丈夫だ。できる。簡単なことだ!」

気合を入れ、再び斬りかかる!


上!下!上!斬!横!下!薙!横!
さらに多種多様なフェイントを織り交ぜ新の剣を弾こうとする。

(今!)

渾身の剛剣を放つ!
だが、その一撃は完全に見切られ防がれる。
二撃!三撃!四!五!六!七!八!
放っては防がれる攻撃。

楽しい!嬉しい!喜ばしい!
今だけは、この今の瞬間だけは!
彼を!
自分が!
独占している!

ただ純粋に切り結びあう自分と彼。
彼が斬り込んで来たりはしないし、
そもそも彼は操られている状態だ。
それでも、幸せを感じてしまう。
知らなかった。
自分の心はここまで壊れてしまっていたのか。

雑念を無理矢理振り払う。
今、やるべきことは新を助けることだ。


九!十!
反応速度を完全に上回る速度で打ち込む。
だが彼はフェイントに引っかからずに確実にこちらの攻撃を読みきる。
まるでこちらの手の内を完全に把握しているかのように。

(くっ・・・それもそうか。僕の剣を一番よく知っているのは合身している新か。
 無意識だけど・・・いや、無意識だからこそフェイントに体が反応しているのだな。)
「ならば・・・こうだ!」

フェイントを入れずに最短距離で突撃する。
そして流れるように一閃!
剣と剣がぶつかるが全体重を乗せたその一撃は彼の腕力を超えていた。
少しずつ傾いていく均衡。
近づいてくる勝利の瞬間。

(力任せに・・・弾き飛ばす!)

もう少し。もう少しで終わる。
だがその時、聞こえてしまった。

「・・・クリス。」


体中に電撃が走る。
声が聞こえただけで。
先ほどの官能を思い出してしまう。

「くっ!」

腰に回された腕も。

「・・・クリス。」

感じる体温も。

「・・・クリス。」

そして咥えられた瞬間に弾けた快感を。

「ぁぁ・・・あらた・・・・・・・・あらたぁ。」

手から剣が滑り落ちる。
目が潤み、体が火照ってくる。
思考が愛しい相手のことで埋め尽くされる。
欲しい。
彼が欲しい。


優しく押し倒される。
今度は腰ではなく首に腕を回される。
温もりを感じる。
無くしていたパズルの最後の1ピースを見つけたような気がした。

「あらた・・・あらた・・・あらたぁ・・・」

相手に聞こえるのではないかと思うばかりに動悸が激しい。
それは若干の不安と、そして大多数の期待。
耳だけであんなにもされてしまった。
なら、本格的にされたらどうなるのか?
そんな不安と期待。
自分は王子ではなくなる。それでいいのか?
でも、それは自分を縛るものから開放されることだ。
そんな不安と期待。
痛いのかな?すごく痛いと聞いている。
でも、これで、ようやく、やっと、彼と1つになれる。
そんな不安と期待。
全てが混ぜこぜになりそしてようやく意思をもった声が発せられた。

「あらた・・・・・・・・・・・おねがい。」
「クリス・・・・・・・・・・・・・・・・・ぐぅ・・・ぐぅ・・・ぐぅ・・・」
「・・・・・・・あれ?え?あらた!?おい!え?寝てる?ちょ、おい!生殺し!?」

覚悟を決めた瞬間の肩透かし。
この日は朝から味噌汁がかかったりと何だかんだあったが、
本日1番の不幸はこの生殺しとなったようだ。


その頃、深森家屋内

「アラタ・・・マモル・・・」
「あ~あ、また封印解けかかってるよ。
 ・・・今日のはまた強烈だね~。」
「アラタ・・・アラタ・・・アラタ・・・グアアアアアアア!!」
「お~よしよし。大丈夫だからな。
 にしても今日はまた一体どうしたんだい?」
「アラタガ・・・タブラカサレテ・・・ガアアアアア!!」
「・・・第6感ってやつ?
 というか嫉妬なのね・・・。
 あの弟にしてこの姉あり・・・か。
 まあ大丈夫だって。一緒に寝てるのはクリス君だし。」
「アラタ・・・アラタ・・・マモル・・・アラタアアアアアアア!!!!」
(・・・この子、クリス君が女だって知ってるのかね~?)


どうやら彼女は明朝も寝坊しなければならないらしい。


その頃、深森家屋外

「う~ん・・・逃がしちゃったか~。
 他の姫だったのかな?」
「きゅいきゅ~い。」
「まあ確かにそうだけどさ。
 何で界律結界まで使っておいて本人が襲撃しなかったのかな~?」
「きゅきゅ~い。」
「イーリス姫も現れなかったしね。
 どうもきな臭いな~。
 う~ん、今は情報不足だね。」
「きゅ~いきゅきゅい。」
「まあ、昼間に新君の様子がおかしかったら念のために気をつけておいてよかったよ。
 もし、あのままだったら・・・王子様が新君に・・・きゃ~きゃ~!!」
「きゅ~い・・・」
「あ、う~ん、ゴホン。まあ今日はこれで帰ろっか。
 夜更かしはお肌の天敵だしね。」
「きゅ~い。」


生殺しの原因は彼女らしい。


その頃、現クリス家

「う~ん・・・上手く行きそうだったんですけどね~。
 まあ、これでさらに男として意識すれば自ずと関係は深まるでしょう。
 あとは、殺し合いをさせるタイミングが・・・。
 ああ、そうそう。神官長もどうにかしてしないと。
 ・・・まあ、今は命令されたことをやるだけでいいでしょう。
 私は『依頼』は絶対に遂行するメイドさんですからね~」


メイドの悪巧みはまだまだ続くらしい。


そして再び新の部屋

頭から水を被ってようやく興奮は収まった。
結局何をしても新は目を覚まさなかった。
操られている状態は体力を異常に消耗するらしいからそのせいだろう。
冷静になって自分の行動を振り返ると自分自身に腹が立ってしかたない。
やっぱりあの時のことは一時の気の迷いなんだ。
自分は王子なんだ。
そして・・・彼は・・・このプリンセス・ワルツが終われば分かれるんだ。
ワルツが終わり、王位を継げばもう会えなくなる。
もう2度と会えなくなる。
胸が締め付けられる。
切ない。
考えるだけでもこんなに苦しい。
これは違うんだ。
ただ、友達を失いたくないだけだ。
それだけなんだ!

もしも思う。
操られてとかではなくて本当に『殺し合い』を行ったとき。
自分は彼を斬れるのか。
彼は自分を斬れるのか。
いっそ、自分で自分を・・・。
なんて素晴らしく、そして恐ろしい考えなのだろう。
その考えを否定する材料が無いことに気づいたと同時にクリスは眠りに落ちていった。


深森家の朝は大抵が慌しい。

「だからさ~何を怒ってるんだよ、クリス。」
「別に、何も。」
「全然別に何も無い顔じゃないってば。」

「母さん、また寝坊か?」
「ふぁ~・・・うう、おはようさん。いや、まあ。ちょっとばかし夜更かししちゃってね。」
「またか。一体そんなに何をしてるんだ?」
「ん~・・・月見酒とか?」
「・・・はぁ。」

いつもの日常。
穏やかな日々。
いつまで続くのかは分からない。
でも、
それでも、
これが壊れる瞬間は、
新だけは守ろうと決めた。
他の何を犠牲にしてしまっても。
例え自分を犠牲にしてしまっても。
そして願わくは、
ならなくちゃいけないから、なるではなく、
2人でなりたいから王子になるのだと、
胸を張って言える日が来ますようにと。
自らの指にある絆とも言える指輪にそっと願った。

そして本編に続く・・・
#5 - 2022-8-11 10:42
夜に咲く花、君は華
http://yellow.ribbon.to/~savess/20060630/pri4.html

遠くから喧騒の声が聞こえる。
いつもは近隣では早めに寝静まる深森家ではあったが今夜は別だ。
町には屋台が並び立ち、何処にいたのかと思うほどの人で賑わっている。
そう、今夜は夏祭りなのだ。


「そう、そのまま前で合わせて・・・ああ、違う。左前にするんだ。」
「え~と、こうですか?」
「そうだ。で、この両手のとこに腰紐を・・・。」
「こう・・・と。」
「次におはしょりを・・・。」


そして今、深森家ではとある試みを行っている。
つまり、クリスに浴衣を着せてみようというものだ。
可愛い恋人が着飾るのはとても楽しみなものだ。
もちろん襖1つ隔てただけの部屋にいる新も期待で胸を膨らませていた。


(しかし・・・落ち着かないなぁ。)


襖1つ程度では完全に防音はできず、2人の声や衣擦れの音が丸聞こえなのだ。
健康な男子としてはついつい部屋の中の姿を想像してしまうのであった。


「よし、できたぞ。新に見せてこい。」
「はい、ありがとうございます。静さん。」
夜に咲く花、君は華 2/162006/05/24(水) 18:27:55 ID:F5WMOegB0
襖を開け現れたその姿。
水色を基調とし、所々に日本の代表的な花である桜の花びらが見えている。
その姿は期待を良い意味で大きく裏切っていた。
金髪も不思議と桜の花びらに良く合い、堂々とした佇まいは平安の貴族をも思わせる気品があった。


「・・・?どうしたんだ?そんな呆けた顔をして。」
「え?あ、いや。・・・クリス、めちゃくちゃ可愛いよ。すげー似合ってる。」
「な!?あ、ああ。そうか、うん。似合ってるのか。」


ほんのりと頬を桜色に染め軽く俯いたその可憐さはもはや子供から老人まで、あらゆる世代の男たちに保護欲を掻き立てる役割を果たしていた。
もちろん、今目の前にいる少年も例外ではなかった。
控えめに言ってもクリスは凛々しいというかそこらへんの男よりもよっぽど勇敢な性格をしている。
普段の立ち振る舞いを見ていても中性的な顔立ちと相まってどちらかというと男らしいという印象を受けてしまう。
それだけにこのギャップは強烈で凶悪だった。
可愛い。可愛すぎる。
姉の目が無ければ今すぐにでも押し倒してしまいそうなぐらい可愛い。


「・・・・・・・・・。」
「おい、新?そ、そんなに見つめるな。は、恥ずかしいだろ。」
「あ、お、おう。いや、本当に可愛いよ。うん。」
「な!あ、う~・・・。ほら!さっさと行くぞ!」
「ちょっ、待てって。道分かんないだろ!?」


あからさまに分かるほど頬を赤く染めて逃げようとするクリスと、それを追いかける新。
最近は深森家では当たり前になってきた光景であった。
夜に咲く花、君は華 3/162006/05/24(水) 18:35:14 ID:F5WMOegB0
      プリンセス・ワルツ 外伝  「夜空に咲く花、君は華」


道路では交通規制が引かれており、車は進入できないようになっている。
歩道だけでは入りきらないほどの人が集まっているからだ。


「だからさ、ほら、手。」
「え?手を・・・繋ぐのか?」
「だってさ、迷子になったらやばいだろ?」
「だ、誰が迷子などになるものか!」
「いや、でもさ、はぐれたら大変だしさ・・・。」
「う、・・・でも。」
「それに、俺はクリスと手を繋ぎたいんだ。駄目かな?」
「う!そ、そんなことを真っ正直に言うな!・・・どうしてもと言うなら・・・はぐれたら大変だし。」


そっと握った手のひらは微かに汗で湿っていた。
ただ蒸し暑いだけではなく手を繋ぐ行為のためもあるらしい。


「あ、・・・っとさ。クリスは祭りって出たことあるのか?」
「いや、僕は無い。これが初めてなんだ。」
「あ、そうなんだ。向こうには祭りは無かったのか?」
「いや・・・、僕はずっと王宮の奥にいたから。」


迂闊だった。
場を持たせようと迂闊に放ってしまった。
クリスのことをいつでも考えるようにと思っていたのにこんな有様だ。
つくづく自分の学の無さが情けなくなってくる。
だが、肝心のクリス本人の表情は晴ればれとしていた。
夜に咲く花、君は華 4/162006/05/24(水) 18:36:07 ID:F5WMOegB0
「そんなに落ち込むなよ、新。」
「え?いや。でもさ、俺、お前の気持ちをあまり考えずに・・・。」
「確かに、辛かったさ。ああ、辛かった。」
「・・・。」
「でも、今は違うぞ。静さんがいて、七重さんがいて、そしてお前がいる。僕は今、幸せだ。」
「クリス・・・。」
「だから大丈夫だ。今という時を生きること。それを教えてくれたのはお前なんだぞ。」
「え?俺、そんなこといつの間に?」
「自覚が無いのか?お前らしいな。王子として生きることしか考えてなかった僕を、無理やり変えたのはお前だ。」
「あ、それ?でも、そんなの・・・。」
「いつまでも王子という言葉の呪縛に囚われず、本当の意味で前に進むことを教えてくれた。」
「そんな、大層なもんじゃないって。」
「いや、僕にとっては本当に嬉しいことだったんだ。生まれてはじめて自分の進む道に光が差し込んだ気がしたんだ。」
「クリス、お前・・・。」
「だから、ありがとう、新。」


真っ直ぐに見つめる瞳。
微かに染まった頬と微かに色づく桜の花びら。
我慢などできなかった。
ただこの可愛い彼女を抱きしめたいと思った。


「な!おい、新!」


人目も憚らずに強く抱きしめる。
腕の中で抵抗していた彼女もやがて大人しくなり、自らの腕で抱きしめ返した。
蒸し暑い夏の夜にあってはなおさら暑くなったが、それでも2人とも中々離そうとはしなかった。

夜に咲く花、君は華 5/162006/05/24(水) 18:36:44 ID:F5WMOegB0
「で、何か食いたいのある?今日は姉ちゃんから臨時で小遣いもらったから食い放題だぞ。」
「そうだな・・・新のおススメはあるか?」
「俺?チョコバナナとかじゃがバタとか好きだな。」
「じゃが・・・?何だ?」
「じゃがバタ。熱々のジャガイモにバターを乗せて食べるんだ。上手いぞ~。」
「なるほど、たしかにそれは美味しそうだな。それを食べてみたい。」
「了解しました。お姫様。」


そう冗談めかして言いながらしっかりと手を繋ぎ目当ての屋台を探し出した。
そこに言葉は必要なかった。
目的の物だけ買い、道端に2人並んで腰を下ろした。


「へ~、これがじゃがバラか・・・。」
「クリス、じゃがバタだ。」
「わ、分かってる。ほら、食べるぞ!」
「あ、そんな急いで食べたら・・・。」
「あ、あつ!あ、あ、あ、あつ!!」
「あ~ほら、ジュース飲め。」
「ん、ん、んぐ・・・。う~、舌がヒリヒリする。」
「まったく、仕方が無いな。ほら。」


そう言うとバターがたっぷりとかかっている所を取り、冷まそうと息を吹きかける。
つまり彼がやろうとしているのは『ふ~、ふ~。はい、あ~ん(ハート)』なのだ。

「はい、あ~ん。」
「な、な、な、な、な、な~~~!!!」
夜に咲く花、君は華 6/162006/05/24(水) 18:51:47 ID:F5WMOegB0
面白いほどに真っ赤になり慌てふためくクリス。
一方、新はそれを見て結構楽しんでいた。
どうやら確信犯的なとこもあるらしい。


「ほら、あ~ん。」
「駄目だって!そんな・・・恥ずかしい。」
「嫌なのか?」
「そんな、嫌って・・・う~。」
「俺のこと嫌い?」
「それは無い!絶対に嫌いになんてならない!」
「じゃあ、はい。あ~ん。」
「ううう・・・。」
「あ~ん。」
「・・・・・・・・・・・・・・あ~ん。」


ついに観念して口を開くクリス。
それを良いことに次々と食べさせてゆく新。
傍目から見たらバカップルにしか見えない2人がそこにいた。


「はい、次。あ~ん。」
「あ~ん。」


クリス自身も結構楽しくなってきたらしい。
それはそうだ。
愛する少年が食べさせてくれてるのだ。
周りも見えなくなり、お互いはお互いしか目に入らなくなっていた。
夜に咲く花、君は華 7/162006/05/24(水) 18:52:47 ID:F5WMOegB0
「はい、これで半分。あ~ん。」
「あ~ん。・・・んぐ。じゃあ、次は僕の番だな。」
「あ、やっぱり?」
「当然だろ。ほら、あ~ん。」


攻守交替され、今度はクリスが食べさせる番になった。
その表情は幸せそのもの。
戦いの末にようやく掴んだ幸せなのだ。
傍にいるだけで、ますます好きになってゆく。
クリス=ノースフィールドは深森新に対して、いわゆるメロメロな状態になっているのだ。


「あ~ん。」
「おう、あ~ん。」


ひたすらマイペースにじゃがバタを食べ続ける2人。
そして、最後の一欠けらとなった。


「これで、最後。はい、あ~ん。」
「あ~ん。」


ようやく食べ終わり、何とは無しに見つめあう2人。
周りの喧騒の中で2人だけの無言の世界が構築されている。
話さなくても無言が心地よかった。
まるで、心が繋がっているようで、互いの全てを知っているようで。
夜に咲く花、君は華 8/162006/05/24(水) 18:53:48 ID:F5WMOegB0
「え~と、暑くなってきたな?」
「そ、そうだな。じゃがバタって体に熱篭るしな。」
「どこか涼しい所・・・いや、人がいないだけでもいい。知らないか?」
「う~ん、そうだな。近くに小さな神社があるんだ。今回の祭りとは直接関係が無いからたぶん人はいないと思う。」
「じゃあ、そこに行こうか。」
「分かった。こっちだ。」

手を引っ張り、神社へと向かう。
そして、御堂の前に2人で座り込んだ。
幸いにも他に人はおらず、2人きりだった。


「ふ~、暑いな。」
「そうだな。さすがにこれはきつい。ソルディアは比較的涼しい気候だったからな。」
「・・・ちょっと離れただけでずいぶんと静かになったな。」


祭りの喧騒は遠く、まるで界律庭園に迷い込んだかのようにも思えた。
少しだけ強く握りこんだ手には互いの気持ちが現れていた。
欲しい。
今すぐ、君が欲しい、と。


「・・・クリス。」
「う、うん。良いよ。」


見つめあい、近づいてゆく顔と顔。
そして、そっと2つは重なった。
夜に咲く花、君は華 9/162006/05/24(水) 18:59:27 ID:F5WMOegB0
「ん、ふ、ん・・・・ん。」
「む・・・んん、ん。」


柔らかな唇の感触。
だけど、それだけでは物足りなくて。
クリスはおずおずと舌を新の口内に差し込んだ。


「む・・・・・ん、ん~・・・。」


そしてこの思いがけない行動に新はひどく驚いた。
なぜなら、普段は舌を差し込んだりと積極的に行動するのは新の役目であり、
クリスは大抵が『受け』だったからだ。


「ふ、ん、ん・・・・・ぅん。」
「む、んん。・・・んむ。」


クリスの舌が新の舌を絡めとり、歯茎の裏や、内壁などを思うがままに嘗め回す。
普段は味わえないクリスの攻めにもはや新は虜となっていた。


「ん・・・ぷはぁ。新・・・僕、もう我慢できない。」
「俺も、クリスが欲しいよ。」
「あぁ・・・新。ここで、いいよな?」
「あ、と。もうちょっと奥で・・・。」
夜に咲く花、君は華 10/162006/05/24(水) 19:02:23 ID:F5WMOegB0
やってきたのは神社の裏手。
祭りの明かりもここまでは届かず、微かに聞こえる音だけがその存在を表していた。


「凄い・・・新の、もうこんなに固くなってる。」
「そんなの・・・クリスが可愛すぎるからだ。」
「そっか、僕のせいなのか。なら、責任はちゃんと取らないとな・・・。」


そう言い放つと素早く新のズボンを下げる。
すでに痛いほどに張り詰めている性器に顔を近づけると丹念に舐め始めた。
愛情を込めて、何度も何度も舐めあげる。


「クリス、うあ・・・く。すげ・・・うぅ。」
「ん、んふ。ん~・・・うん。どうだ?気持ちいいか?」
「ああ、やばいぐらい気持ち良い。」
「そっか。嬉しいな・・・。んむ・・・んん・・・。」


敏感な部分を執拗に何度も攻めるクリス。
付け根から亀頭までねっとりと舐め上げたかと思えば次の瞬間には竿を銜え込み吸い上げる。
次々と紡ぎだされる快感にもはや新は限界だった。


「クリスッ!俺、もう駄目だ!」
「ん、良いよ!出して!」


さらに新の性器を限界まで深く銜えるてゆく。
飲み込まれるような感覚にあっさりと限界は訪れた。
夜に咲く花、君は華 11/162006/05/24(水) 19:03:45 ID:F5WMOegB0
「う、出る!くぅぅぅ!」
「んむ!ん!ん!ん・・・んぐ。ん、ん。・・・んん。」


口内に出された精液を1滴も残さず飲み干していく。
同時に竿も扱き微かに残ってた精液も搾り出す。


「ん、ん、ん・・・はぁ。凄い・・・一杯出た。」
「だって、気持ち良すぎだって。こんなの。」
「それでこんなに?」
「そうさ。今度は俺が気持ちよくしてやるな?」
「・・・うん。」
「じゃあ、そこの木に手をついてくれる?」
「こうか?」


後ろ向きになり木に手をついたその姿は艶かしくも可憐さを醸し出していた。
突き出した腰には小さなヒップの形が薄っすらと見えている。
新は可愛らしいヒップを優しく撫でまわし始めた。


「ん、んふ・・・ん。」
「クリスのお尻、柔らかいよ。」
「や、ん・・・切ないよぉ・・・。」


着物越しに撫でられるもどかしさに自ら腰を動かしてしまう。
すでに秘所はジンジンと熱く疼いている。
夜に咲く花、君は華 12/162006/05/24(水) 19:04:54 ID:F5WMOegB0
「あぁ、お願い・・・あらたぁ。」
「直接触って欲しい?」
「うん・・・触ってほしいの。」


そして、さらに腰を強く押し出され、手に柔らかいヒップに感触が伝わる。
新自身の理性もとっくに限界が来ていたのか即座に着物を裾をたくし上げる。


「すげ・・・クリスのすごい濡れてる。」
「あぁ・・・そんな、見ないで・・・。」
「ん?やだ。もっと近くで見るな。」


そう言い、顔をさらにクリスの秘所に近づける。
汗と愛液の混じった匂いが鼻を突くが、それも興奮を呼ぶ役割しか果たさない。
そして、花のように咲き誇るクリスの秘所にさらに顔を近づけるとおもむろに舐めだした。


「ひあ!はああぁぁぁぁ!!」
「ん、んむ。クリスの味がするよ。」
「そんなの!言わないで!あああぁぁぁ!!」
「・・・え?もうイッた?」


だが、問いかけには荒い息しか帰ってこなかった。
だが返事がないことがなによりの返事なのは新にはよく分かっていた。
だから、さらに問いかけることはせずに再び秘所を舐め始めた。
手で広げ中をかき回すように舐めあげる。
夜に咲く花、君は華 13/162006/05/24(水) 19:06:50 ID:F5WMOegB0
「んあ!らめぇ!ああぁ!また、きちゃうぅぅ!やめ!はあぁぁぁ!」
「ん、んぐ、ん。やめないからな。む、んん。」


快感と愛おしさだけが脳髄を駆け巡る。
声を抑えることさえ忘れて、クリスは今、ただの女となった。
舐められ、吸われ、飲まれ、理性はもはや欠片として存在しなかった。


「クリス、こっちもな。」
「はぁ!そっちらめぇ!ああああぁぁぁぁぁ!」


そして花の上にある豆を強く吸った瞬間、快感は弾けた。
2回連続で絶頂にたたされてしまい、もはや自力では体勢を維持することもできない。
腰を掴み支えながら、新は自らの性器をクリスのそれに擦り付ける。


「入れるよ?クリス。」
「ぁぁ・・・きて・・・。」


ゆっくりと捻じ込ませる。
互いの最も敏感な部分を擦り合わせる快感が体を支配する。


「あらたの・・・あついぃ。」
「クリスのも、すっげぇヌルヌルだぞ。」


次から次へと花の奥からは蜜が溢れ出てきて否応無く新に快感を擦り付ける。
もはや2人は、いや、きっとずっと前からお互いの事しか考えられなくなっていた。
夜に咲く花、君は華 14/162006/05/24(水) 19:08:33 ID:F5WMOegB0
「動くぞ!クリス!」
「はやく!きて!あらたぁ!」


獣のように重なり合い快感を貪る2人。
肉と肉の重なる音が一定の間隔で聞こえ、そんな淫らな音も快感を引き立てるスパイスだった。


「あぁぁ!はあああぁぁぁ!」
「クリス!そんな大きな声出してたら人に聞かれるぞ!」
「そんな!こえ!おさえられな、あああぁぁぁん!」


甘い締め付けと、甘い嬌声。
首筋を舐めるとさらに声が甲高くなる。塩っぽい味がした。
そして、汗の匂いと喘ぐ姿。
五感全てで男の欲望が満たされる。
だからなのか、限界は意外と早く訪れた。


「ごめ、クリス。俺、もう出そう・・・。」
「あぁ!僕も!僕もきちゃう!いっしょにきてぇ!」
「ぐぅ!クリス!」
「はあぁぁぁぁ!あついぃ!あああああぁぁぁぁん!!」


耐え切れずに膣内に大量に射精してしまった。
肉棒を引き抜くと中からは大量の白濁液がでてきた。
愛液と混じり太腿へと落ちてゆく姿はどうしようもなく淫靡だった。
夜に咲く花、君は華 15/162006/05/24(水) 19:12:03 ID:F5WMOegB0
情事を終えホッと一息をつく。
そして、新はポケットからティッシュを取り出すとおもむろにクリスの秘所から垂れる精液を拭きだした。


「な?新、ちょっ!何を?」
「いや、浴衣が汚れるじゃん?だからさ。」
「だったら一声かけてからしろ!」
「ああ、ごめんごめん。・・・今更だけどさ、今日は大丈夫な日なのか?」
「本当に今更だな。心配せずとも、コントロールする魔法や呪法はいくらでもある。」
「そんなのもあるのか・・・。」
「それよりも、浴衣どうしようか・・・。滅茶苦茶になった。」
「ああ、着付けなら俺できるぞ。」
「新が!嘘だろ!?」
「姉ちゃんから教え込まれてな・・・。ほら、拭き終わったら帯を解くぞ?」
「あ、ああ。分かったよ。頼むぞ、新。」
「任しとけって。」


人前に出ても恥ずかしくないようにと再び浴衣を整える。
ちょうど整えなおした時だった。
突如、上空から腹に響くような巨大な音が聞こえた。


「ひゃっ!な、何だ!ガードナーか!?」
「お、始まったか。ほら、クリス。空を見てみろって。」
「え?・・・うわぁ・・・。」


そこには大輪の花が咲いていた。
花火大会がはじまったのだ。
夜に咲く花、君は華 16/162006/05/24(水) 19:18:31 ID:F5WMOegB0
「・・・なぁ、新?」
「ん?どうした?」
「できれば、その、もうちょっとだけ2人で・・・。」
「ん。分かった。花火終わるまでゆっくりしていこうか。」
「う、うん。・・・ありがとう。」
「どういたしまして。」


そっと新の肩にクリスは頭を置く。
色取り取りの明かりに照らされながら、2人はいつまでも夜空に咲く大輪の花を見続けていた。


「来年も・・・。」
「ん?」
「来年も一緒に来ような。」
「ああ、僕も・・・一緒に来たい。」


ゆっくりと影が重なった。
夜空の花と、桜の花びらしか見ているものはいなかった。
夜に咲く花、君は華2006/05/24(水) 19:22:02 ID:F5WMOegB0
>>339-354
以上です。

立ちバックができたのでなんか満足。
しかしクリスばっかり書いてるな~自分。

次は何を書こうかな~っと。
だんだん妄想も尽きてきた。ぁぁぁぁぁ。

ゲームもう1週してこよっと。
でわ、読んでくださってありがとうございました~。

关联条目