高倉健 高仓健

  • 简体中文名: 高仓健
  • 别名: Ken Takakura
  • たかくらけん
  • オカルン、玄灵小子、厄卡伦
  • 性别:
  • 引用来源: https://ja.wikipedia.org/wiki/ダンダダン

谁收藏了高倉健?

全部收藏会员 »
本作の主人公の1人。通称:オカルン。いわゆるオタク。
幽霊の存在は信じていないが宇宙人の存在は信じている。幼少から友人がおらず、宇宙人なら友達になってくれるかもしれないという思いからオカルトに傾倒していくが、それによってさらに孤独を深めてしまっていた。
桃とはいじめから庇われたことで関わりを持ち、彼女との「勝負」をきっかけとして怪異と深くかかわっていくこととなる。勝負の際にターボババアにイチモツを奪われたことで呪われ、周囲にも呪いを振りまく媒介にされてしまうが、桃との共闘でターボババアを下して以降は、自分の意志でターボババアの力を利用できるようになる。当初はおかっぱのような髪型だったが、一度変身してからは無造作なパーマヘアーのようになった。
基本的には控えめで卑屈な性格をしており、気負いなく人と接することも不得手。喧嘩や戦闘などはもってのほかだが、桃と同じく土壇場では度胸と機転を発揮する。義理堅く優しい人物でもあり、桃など人のために動くときには力を発揮することができる。桃とは友人同士だが、互いのことをそれ以上に意識している描写もある。
【変身】
ターボババアの呪いを利用して変身した姿。当初は桃が頭部の呪いを抑えていなければ意識を保てなかったが、ターボババアに勝利し、その意識を人形に移してからは力のみを引き出せるようになった。
変身すると髪が白くなり、衣服とともに逆立つ。口は歯がむき出しになったマスクのようなものに変わり、体躯も筋張って細長くなるなど、妖怪じみた見た目になる。
ターボババア由来の超人的なスピードと膂力、顎を持ち、宇宙人や妖怪にも太刀打ちできるが、体への負担が大きく、全力も日に2回までしか発揮できない。その分、全力を出した時の威力は他の追随を許さない。
変化は体だけでなく精神にも表れ、フランクで攻撃的な性格になる。口調も普段の敬語が砕け、女性を下の名前で呼ぶようになる。一方でひどい抑鬱状態にもなってしまい、「萎えるぜ」が口癖になる。姿勢も異常な猫背になるが、元来の卑屈な面や消極的な面にはあまり変化が見られない。

出演

吐槽箱