ミニラ 迷你拉

  • 简体中文名: 迷你拉
  • 别名: ゴジラの息子
  • Minya
  • 身高: 18m
  • 体重: 3000t

谁收藏了ミニラ?

全部收藏会员 »
ミニラ(Minya)とは、東宝の特撮映画「ゴジラシリーズ」に登場する架空の怪獣で、ゴジラの息子。別名は「ゴジラの息子」「ちびっ子怪獣」「わんぱくプリンス」など。

映画『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』にて初登場した。公開当時のパンフレットによると、ゴジラの息子を作る案は製作の3年前からあったという。名称は一般公募によって集められた中から選ばれ、東宝の撮影所で子供たちを集め、羽織を着けたミニラがゴジラと並んで命名式を行っている。脚本では子ジラと書かれていた。

全体的なイメージはゴジラと大きく異なる。全身が白っぽく、皮膚は滑らか。ゴジラを擬人化したような寸詰まりの顔を持ち、眉毛を思わせる窪みと相まって、その表情はまるで微笑んでいるかのように見える。背びれは非常に小さく、配列が不規則である。口から放射能火炎(放射火炎、放射熱線)を吐くが、ゴジラのような帯状のものを継続して放射するのではなく、ドーナツ状のもの(放射能リング)を1回ずつ単発で放射する。しかし、『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』にて尾を踏まれた際にはそのショックでゴジラと同様の放射能火炎を放射しており、その後は同作にて通常の放射能火炎を使えていた。なお、宣伝用のスチル写真などでは口からリング状火炎を連続発射しているものもある。

ゴジラを呼ぶ時には、「パパ」と聞き取れる鳴き声を発する。

ミニラの顔は、当時『週刊少年サンデー』(小学館)で人気のあった漫画『おそ松くん』のキャラクター「チビ太」をモデルにしており、上に飛び出したマブタなどにイメージが生かされている。

子供をターゲットにしたキャラクターであり、ゴジラシリーズが対象年齢を下げたことを象徴している。『ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃』や『ゴジラ FINAL WARS』では少年との交流が描かれる。

出演

吐槽箱