桜野タズサ 樱野鹤纱

  • 简体中文名: 樱野鹤纱
  • 别名: 桜野 タズサ
  • さくらの タズサ
  • Sakurano Tazusa
  • 性别:
  • 生日: 1989年9月10日

谁收藏了桜野タズサ?

全部收藏会员 »
一部外伝的物語を除く本作の主人公。
    オリンピックの日本代表候補に挙がる程の実力を持つフィギュアスケーター。1989年9月10日生まれ。作中では16歳(2005年12月時点)から20歳(2010年4月時点)。アイスリンク「東京クリスタルガーデン」所属。専属コーチである高島優司の邸宅に妹と共に身を寄せている。
    カトリック系の名門高校、聖トゥーランド女子学園に通っているが、性格は高慢・高飛車で自らを「100億ドルの美貌」と称し、その生活態度は品行方正とはほど遠い。そのためマスコミや世間一般、さらにはスケート連盟からも「氷上の悪夢」と呼ばれ、目の敵にされている。また本番においてはクジ運が悪いことが多く、6点満点採点形式の時にはショートプログラムで基準となる1番になってしまい、後に滑るスケーターの得点が大幅に抑えられるという事態になってしまったこともある。趣味はアイスホッケーの観戦、漫画・アニメの鑑賞で特に『ONE PIECE』がお気に入り。
    3巻以降ではオルガ、アレッサの引退に伴って、リア・ガブリエラ・ドミニクと共にトップスケーター「BIG4」の一人に名を連ねるまでになる。
    マスコミ嫌いや歯に衣着せぬ物言いで世間では嫌われ者だが、クリスタルガーデンのアイスメイト、シンディ、ガブリエラ、リア、アレッサ、オルガ、ステイシーなどのスケーター仲間や、ジャッジ、フィギュア関係者からは相応の敬意を払われている。
    スケーターとしてのモデルは明言されていないが、「親が離婚した後コーチに引き取られ、居候しながら練習に励んだ」ことや、ドミニクのモデルであるレティシア・ユベールと公式練習で接触事故を起こしたことがあることなどから、おそらく日本の女性フィギュア選手である伊藤みどりに影響されたところが大きいと思われる。
    主な戦績は、2004年世界ジュニア選手権女子シングル銅メダル、2006年トリノ五輪女子シングル4位、2006年世界選手権女子シングル銅メダル、2007年世界選手権女子シングル銀メダル、2008年世界選手権ペア銅メダル、2009年世界選手権女子シングル銅メダル、2010年世界選手権女子シングル金メダル。

出演

吐槽箱