#1 - 2022-1-4 13:34
缝合人间 (我和班友)
初翻:deepl 百度 彩云 校对:作者

えたいの知れない不吉な塊が私の心を始終圧えつけていた。焦躁と言おうか、嫌悪と言おうか――酒を飲んだあとに宿酔があるように、酒を毎日飲んでいると宿酔に相当した時期がやって来る。それが来たのだ。これはちょっといけなかった。結果した肺尖カタルや神経衰弱がいけないのではない。また背を焼くような借金などがいけないのではない。いけないのはその不吉な塊だ。以前私を喜ばせたどんな美しい音楽も、どんな美しい詩の一節も辛抱がならなくなった。蓄音器を聴かせてもらいにわざわざ出かけて行っても、最初の二三小節で不意に立ち上がってしまいたくなる。何かが私を居堪らずさせるのだ。それで始終私は街から街を浮浪し続けていた。
何故だかその頃私は見すぼらしくて美しいものに強くひきつけられたのを覚えている。風景にしても壊れかかった街だとか、その街にしてもよそよそしい表通りよりもどこか親しみのある、汚い洗濯物が干してあったりがらくたが転がしてあったりむさくるしい部屋が覗いていたりする裏通りが好きであった。雨や風が蝕んでやがて土に帰ってしまう、と言ったような趣きのある街で、土塀が崩れていたり家並が傾きかかっていたり――勢いのいいのは植物だけで、時とするとびっくりさせるような向日葵があったりカンナが咲いていたりする。

我的心里一直有一种奇怪的不祥之感。 说不清是焦躁还是嫌恶——就像喝酒后会有一段宿醉期一样,每天喝酒的话相当于宿醉的时期就会到来。现在它来了。这有点糟糕。不是指那早已知道的肺尖粘膜炎和神经衰弱,也不是背负的一屁股债。糟糕的是那块不祥的东西。就连从前使我高兴的任何美妙的音乐,任何美妙的诗句,现在都再也无法忍受。甚至当出去听留声机时到了前几小节都让我想起身离去。有什么东西让我坐立不安。因此,我终日在一条街向另一条之间徘徊。

不知为什么,我记得那时自己时常被破旧而美丽的事物深深吸引。 如若说风景,我也更喜欢有肮脏的衣物、到处乱放的垃圾和恶心房间探出头来的后街。在被风雨侵蚀不久将归於尘土的破败的街道上,崩塌的泥墙倾斜的住宅也在摇摇欲坠——只有植物的生命力异常旺盛,有时会有让人吃惊的向日葵,有时会有美人蕉盛开。





附送集齐了的市面上不同译本
https://www.zhihu.com/question/423837363/answer/2296704729