あさき

  • 别名: あさき
  • asaki
  • 生日: 06-30
  • 引用来源: http://ja.wikipedia.org/wiki/あさき

谁收藏了あさき?

全部收藏会员 »

职业: 音乐人

あさき名義で発表する楽曲は、作詞・作曲からボーカル、ギター、ベースまでシンガーソングライターとして一人でこなす(ドラムは打ち込みを用いているが、例外については神曲を参照)。それらの特徴として、長い前奏、暗い雰囲気のメロディ、独特の世界観を持った歌詞が挙げられ、それらからヴィジュアル系と形容されることもあるが、本人自身が『ヴィジュアルではなく京都メタル』『湿っぽい感じのフォークソング』『プログレメタルに近い』と述べている。
DAM等一部のカラオケに彼の楽曲が収録されることもあるが、俗に「早口」と呼ばれる歌い方に加えて多重録音、さらには歌詞カードと実際の歌唱が違う(主に一部の歌詞を歌わない)など、一般的な曲と異なる点が多くある。
他には、ションボリくらぶとピンクカプセル(いずれもゲーム上のユニット)でも活動しており、前者では主にHandsome JET Projectの楽曲のコーラスに参加、後者では作詞を担当している。
また、楽曲のみならずキャラクターや言動も特徴的であり、コラム執筆を担当した「ねこちゃや」では強烈な個性を発揮している。BEMANI EXPOのネットラジオでは登場早々NGワード(擬音で消されているため内容は不明)を連呼してみたり、個々の曲コメントについてもファン達の間では『ぶっ壊れたコメント』(批判や中傷の意味ではない)と称されることも多い。
「変曲リレー」(特定の楽曲を、様々なアーティストがそれぞれの感覚で編曲するコーナー)では、曲をぶっ壊す要員として定着しつつある。中村康三の「Utopia」という楽曲の最初の変曲を担当した際、いきなりぶっ壊して謎のヒーロー「ユートピアマン」にしてしまい、他のアーティストもそれに基づいて変曲したため最後まで「ユートピアマン」が続いてしまった。後に、TЁЯRAの楽曲「ESCAPE TO THE SKY★彡」を途中で変曲する際もぶっ壊して「ESCAPE TO THE SKYマン」にしてしまい(しかし今回は特にネタがなかったらしく、『俺なんにもねぇよ』『勢いだけでいきます!』と好き勝手にしゃべっていた)、またしてもこの流れで曲が続くかと思われたが、次に担当したDes-ROWが別の方向にぶっ壊したため結局続かなかった。
又、TOMOSUKEと一緒にBEMANI EXPOのネットラジオに出たときには、前回のゲストの一人のNAOKIが、あさき当てに宛てた手紙で「ESCAPE TO THE SKYマン」を、勝手に名乗っており、「ESCAPE TO THE SKYマンは俺なのに、いつの間にか取られちゃった」と愚痴をこぼしていた。
彼のファンのことを「あさきすと」という。BeForUの外花りさも、BeForU公式サイトのプロフィールで好きなアーティストとしてあさきを挙げている。
かなりの車好きで猫好きである。「猫に両手剣」という謎の言葉を残したこともある。 「猫に両手剣」の由来は、TOMOSUKEと一緒にプレイしていた『ファイナルファンタジーXI』のキャラクター「ミスラ」(人間だが猫のような耳・鼻・しっぽを持つ種族)で両手剣を使用していたことからだと思われる。現在あさきは自ホームページ日記内で「宇宙戦争」という言葉を頻繁に発している。
元SIAM SHADEの遠藤一馬を尊敬してやまない。GFdmVの「You can't do it if you try」で念願の共作を果たし、ボーカル(作詞も遠藤によるものだがコメントでは触れていない)をしてもらった際は成仏しかけたと語る。
「あさき」のイントネーションは「もみじ」であると言っていたがその後のコメントでやはり「爆死」であるとコメントしている。(なおBEMANI EXPO内のネットラジオではMCである星野奏子に『名無し』に近いイントネーションで呼ばれていた)。
『鬼きちさん』というフルオーダーメイドのギターを持っている(かつて、月刊アルカディアに画像が掲載された)。Yuei曰く『ヘラクレスオオカブトみたい』。ネックに桜の絵が描いて有る等、かなりデザインの凝ったギターであるが、座って弾くのに適した形にしている。コラム『ねこちゃや』によると80万円ぐらいしたとのこと。
これまで本人の意向で顔は明かされていなかったが、2ndアルバム『天庭』のアナザージャケットにて顔が明かされている。

最近参与

更多作品 »

吐槽箱