たなかひろかず 田中宏和

  • 简体中文名: 田中宏和
  • 别名: Tanaka Hirokazu Extra
  • Hip Tanaka.β
  • Hirokazu "Hip"
  • Hip Tanaka
  • Hip tanaka.ex
  • たなかひろかず
  • Tanaka Hirokazu
  • 性别:
  • 生日: 1957年12月13日
  • 引用来源: http://ja.wikipedia.org/wiki/田中宏和
  • http://garage.creatures.co.jp/39/
  • 网址: http://www.hirokazutanaka.com/

谁收藏了たなかひろかず?

全部收藏会员 »

职业: 制作人员 音乐人

田中 宏和(たなか ひろかず、1957年12月13日 - )はゲームミュージックやアニメ『ポケットモンスター』の楽曲を手掛ける日本の作曲家。
元任天堂製造本部開発第一部所属。クリーチャーズ代表取締役社長。

京都府与謝郡出身。幼少の頃はピアノを学ぶ。

1980年、任天堂に入社。当時の任天堂はアーケードゲームを中心に商品展開しており、入社後の初実績は『スペースファイヤーバード』のハードウェアの音源開発及びサウンドデザイン。また、入社1年目にリリースされた「ゲーム&ウオッチ」のゲームの企画及びゲームプログラム、サウンドデザインも手がける。

その後は、上村雅之の下でファミリーコンピュータの、横井軍平の下でゲームボーイやバーチャルボーイのハードウェアの音源開発などに携りつつ、任天堂が誇る著名なゲームソフトのサウンドデザイン、サウンドプログラムも多数手がける。

ゲームミュージックの代表作としては、『バルーンファイト』、『レッキングクルー』、『メトロイド』、『パルテナの鏡』、『スーパーマリオランド』、『ハローキティワールド』、ゲームボーイ版『テトリス』、『ドクターマリオ』、『マリオペイント』、『MOTHER』(鈴木慶一との共作)、『MOTHER2 ギーグの逆襲』(同)などがある。

サウンド以外にも、『ポケットカメラ』や『ポケットプリンタ』といった、ゲームボーイを利用した特殊な電子玩具を企画・開発している。

1997年4月1日にスタートした『ポケットモンスター』の主題歌『めざせポケモンマスター』の作曲を「たなか ひろかず」名義で手がける。これは180万枚という驚異的なセールス記録を打ち立てた。イマクニ?が歌うポケモン数え歌『ポケモン言えるかな?』なども田中が作曲した曲であり、現在もアニメ『ポケットモンスター』シリーズの主題歌やエンディングテーマの多くを作曲している。

1999年、任天堂を退社。同年、任天堂傘下のコンピュータゲーム開発会社、株式会社クリーチャーズに入社。蛍光灯や白熱電球、リモコン受信部など、日常の光を使って遊ぶコンピュータゲーム『ちっちゃいエイリアン』を企画・開発。2001年、石原恒和が株式会社ポケモンの代表取締役社長に異動したことを受け、クリーチャーズの代表取締役社長に就任。

2007年以降、大人ブランコ、Acerola Beach、Chip Tanakaの名前でAbleton Live を使ったテクノ・ベースミュージック・レゲエ・チップチューン等のライブを現在も行っている。

最近参与

更多作品 »

吐槽箱