石原まこちん

  • 别名: 石原 誠
  • いしはらまこちん
  • 生日: 1976年4月25日
  • 引用来源: wiki

谁收藏了石原まこちん?

全部收藏会员 »

职业: 漫画家

日本の漫画家。東京都大田区田園調布出身。

東京都立園芸高等学校卒業後、就職した会社を3日で辞め、その後漫画家になるまでほぼフリーター・ニート生活だったという自身の体験を作品にも反映させている。若者や中年、カップルなどに漂う独特の緩い空気感を軽妙な間と台詞回しで描き出す作風が特色。特に代表作『THE3名様』は、友人たちとファミリーレストランに集っていた実体験を基にしているとのこと。1995年(平成7年)、『SENTOUS』(銭湯ズ)が『週刊ヤングマガジン』に掲載され、漫画家デビュー。自伝的内容の漫画『GENGO』の作中によると、連載前は古谷実や佐藤秀峰のアシスタントを数日間経験している[1]。また『THE3名様』連載開始前は、『ビッグコミックスピリッツ』の誌上企画でスティリップスというつんくプロデュースの漫画家ユニットに所属していた。2000年(平成12年)から2007年(平成19年)にかけて『ビッグコミックスピリッツ』に連載された『THE3名様』は、2005年(平成17年)に実写映像化され累計販売本数33万本を突破、品川ステラボールにてイベントも開催された。福田雄一の初監督作品である。

アメコミ『BEAVIS AND BUTT-HEAD』『ザ・シンプソンズ』や映画『グーニーズ』のグッズ、PEZなどのコレクター。また、テレビゲーム(レトロゲーム)好きでもあり、ゲーム雑誌や携帯コンテンツなどにも作品を発表している。

レゲエミュージックのレコードコレクター。世界で3枚しか現存していないレコードを所有している。

雑誌『ムー』の愛読者であり、ムー愛読者の愛称である「ムー民」として『月刊ムー』関連のイベントでの登壇やテレビ出演をしている。

『フルハウス』や『愉快なシーバー家』などの海外のシットコムやアニメ『BEAVIS AND BUTT-HEAD』、『ザ・シンプソンズ』から強い影響を受けている。自伝的漫画『GENGO』については自身が「日本版の『素晴らしき日々』(The Wonder Years)を作りたかった」と答えている。

『THE3名様』連載開始時、『ビッグコミックスピリッツ』編集長だった長崎尚志から「俺には面白さがわからないけど、読者から『やめろ』というハガキが異常に来ている。だから続けてみよう。」と言われ、3回の予定だった掲載が7年間という長期連載になった。このエピソードからも、石原の作品が、今では当たり前になった「日常会話を切り取った漫画やアニメ、映像作品」の先駆けだったことが伺える。KADOKAWAが発行する月刊誌『ダ・ヴィンチ』には全く新しい流れの漫画として特集記事が掲載された。

東京法令出版発行の教科書、「現代社会」資料集「青年の危機 アイデンティティの拡散」というカテゴリーに椎名林檎と共に『THE3名様』が掲載されている。

また『THE3名様』の作中には、著名人がしばしば登場している。代表的な著名人はaiko、武論尊、HKT48、ダース・ベイダー、イチロー、手塚治虫の『ブッダ』に登場するスジャータ他。

最近参与

更多作品 »

吐槽箱