セッちゃん 漫画

  • 出版社: 小学館
  • 价格: ¥ 1,080
  • 发售日: 2018-11-12
  • 页数: 180
  • ISBN: 4091287107
  • ISBN-13: 978-4091287106
  • 作者: 大島智子

推荐本条目的目录

    / 更多目录

    谁读这本书?

    / 5人想读 / 5人读过 / 1人搁置
    セッちゃんのセはセックスの「セ」。

    誰とでも寝てしまう女の子・セッちゃん。
    誰にも興味を持てない男の子・あっくん。

    交わらないはずだった二人の生活と人生。
    でも、理不尽な「暴力」が世界を分断して。
    二人は、「こっち側」で肩寄せ合って。
    そして、最期はとてもあっけなくて。

    「わたしもう間違わないのかもしれない」
    ーー気鋭イラストレーター・大島智子による初の漫画作品、
    待望のコミックス化。

    【編集担当からのおすすめ情報】
    玉城ティナ・泉まくら他、多くの著名人から絶大な支持を得ているイラストレーター・映像作家の大島智子氏、初の漫画作品がコミックス化です。大学生活のモラトリアム、ファッション、セックス、そして暴力…緻密なタッチで描き出されるそれらは、大島智子氏にしか表現できないリアリティに溢れています。読後、感動がじんわりゆっくりと心に沁みてくる、そんな作品です。ぜひご一読ください。
    more...

    大家将 セッちゃん 标注为

    收藏盒

    7.5 力荐
    Bangumi Book Ranked:--

    评论

    讨论版

    吐槽箱

    黑须太乙 @ 2019-9-26 15:24

    “游行示威真是蠢到爆。”、“别和se酱玩了,和我一起去游行好吗?”

    Megumiillusion @ 2019-8-17 01:29

    忧郁 荒诞 平静

    塔塔君 @ 2019-8-13 11:01

    读的时候感到很奇怪:明明是用着智能手机的时代,现在的日本还有人为革命去自杀式恐怖袭击?这是上世纪70年代与10年代的时空错置吗?亦或者是我们未曾经历的未来?这种半架空极端化的有趣处理中,被放在开头的、本该匪夷所思的セッちゃん的死也变得意外的可解释——我是说这种意外性本身就已经陷入了模版之中,随之延伸出来的背后的故事想象力、这个时代的观念都因此完全猜得透,有趣却又变得索然无味。

    男厕所小精灵 @ 2019-8-9 06:32

    永远在随波逐流的se酱,总算做出了遵从内心的选择,然而却成了她最后一次按自己的想法行事。也许是命运对她随波逐流的惩罚,又或许人类真的没法摆脱自己的生活方式吧

    更多吐槽 »