助けて秋吉くん 小说系列

  • 中文名: 秋吉同学帮帮忙
  • 册数: 4卷全
  • 插图: 山本ケイジ
  • 出版社: ホビージャパン
  • 开始: 2006-09(初刊 2006-11-01)
  • 结束: 2008-12(初刊 2009-01-01)
  • 作者: 不破悠
  • 文库: HJ文庫

推荐本条目的目录

    / 更多目录

    谁读这个系列?

    / 4人想读 / 5人读过 / 1人在读 / 1人抛弃
          黄金周结束的星期日傍晚,平凡的高中生──秋吉纯在房间制作模型。突然,听见房间放置的电视传来叫来自己的声音。
          “秋吉同学帮帮忙!”
          那个声音,是和他平时毫无交集的同班同学──关野帆乃佳的声音。她从发出青白色的光芒的电视画面出来,是未来关野帆乃佳的幽灵。她告诉纯她未来将会死亡,让“最爱的秋吉”拯救她的性命。
          她完全不记的她如何死亡,后来记起但不能告诉纯。因为刚研修完毕的新人──田中先生说如果帆乃佳(幽灵)不小心泄漏直接改变未来的消息,就得砍下她的头。
          之后,纯一边和帆乃佳(幽灵)、田中先生生活,一边回避关野帆乃佳的死。

    wiki(jp)

    ゴールデンウィークも終わりに差しかかった日曜日の夕方。趣味のプラモデル作りに興じていた平凡な高校生・秋吉純は、部屋に置いてある電源の点いていないテレビ画面から誰かが自分を呼ぶ声を耳にする。

    「助けて秋吉くん!」

    その声は、純と特に親しい訳でもない同級生・関野帆乃佳のものであった。そして、画面から青白い光と共に帆乃佳の幽霊が現れるが、翌日に純が登校すると帆乃佳はまだ生きていた。

    帰宅後、ほのか(霊)の話から今は生きている帆乃佳がそう遠くない内に何らかの原因で命を落とすことになるが、その理由をほのか(霊)の口から話すことは出来ない決まりだと知らされる。純は理由が何であれ、ほのか(霊)が自分を頼っている以上は帆乃佳の死を回避する手掛かりを探そうと考え、ストーカー呼ばわりされながらも帆乃佳に必死でアプローチを試みる。
    more...

    大家将 助けて秋吉くん 标注为

    收藏盒

    6.7 推荐
    Bangumi Book Ranked:--

    单行本

    关联条目

      评论

      讨论版

      吐槽箱

      大概不是一种过渡 @ 2019-8-1 12:38

      very good!第一卷最好 描写质量佳 氛围有少女气息

      更多吐槽 »