ソラニン 漫画系列

谁读这个系列?

/ 66人想读 / 110人读过 / 11人在读 / 1人搁置 / 2人抛弃
社会人2年目の井上芽衣子は、将来に希望を感じられずにいた。社会や大人に対し不平不満がありつつ、しかしどうすればいいのかわからないまま、ついに勢いで会社を辞めてしまう。
芽衣子の同棲相手であり恋人の種田成男は、大学時代のバンド仲間である加藤、ビリーと定期的に会い、デザイン事務所のアルバイトの合間を縫ってバンド活動を細々と続けていた。喧嘩し、互いに励まし合いながら、先の見えない生活を続けていく芽衣子と種田。やがて、自身の音楽の才能は平凡と言い張り、逃げの姿勢である種田に対し芽衣子は苛立ちを隠せなくなり「バンドをやってほしい」と自分の思いをぶつける。その芽衣子の一言から種田はアルバイトを辞め、再びバンド活動に熱を入れることを決めた。そして加藤、ビリーらに声をかけ、自身の新曲である「ソラニン」をレコーディングする。
そのデモCDを送ったレコード会社のうち1社から反応があり、種田、芽衣子、ビリーの3人は会社を訪れ冴木という人物に会う。話の内容は、これからアーティスト活動で売りに出す新人グラビアアイドルのバックバンドの依頼だった。
冴木を前に黙っている種田の気持ちを代弁するかのように、芽衣子はその話を断った。以降デモCDの反応はなく、夏が過ぎ去り秋が訪れようとしていた頃、種田は芽衣子に対し突然別れ話を持ち出す。その場は和解したものの、種田は散歩に行くと言ったきり帰って来なかった。種田から連絡があったのは5日後で、彼は以前辞めたデザイン事務所でもう一度働き始めた事、そしてこれまでの思いを芽衣子に伝える。「これからは2人で幸せになろう」と、互いの思いを再確認した帰り道、種田は交通事故で他界してしまう。
それから2か月、芽衣子は心にぽっかりと穴が空いてしまったようであった。そんな中、種田の父親が芽衣子の元を訪れる。自分を責め続けている芽衣子に対し、種田の父は「彼を忘れないでやって欲しい」という事、そして「彼が居た事を証明し続けるのが、あなたの役割なのかもしれない」と言い残す。その言葉を聞き、芽衣子は種田のギターを手に取る。ビリーたちとともにバンドを再開させた芽衣子はギターの練習を重ね、ライブハウスのステージに立ち、芽衣子のボーカルで種田の残した曲「ソラニン」を歌うのだった。
more...

收藏盒

7.5 力荐
Bangumi Book Ranked:#1932

单行本

关联条目

评论

讨论版

吐槽箱

yinei @ 2021-8-22 15:49

是的,种田一定会死,并不是将角色工具化,反而漫画是由于角色而存在的,死者担负着凝视其他角色的责任,把漫画翻了个面,重述。种田父亲和芽衣子的戏码简直吸收了小津所有的腐臭之处。

老悠 @ 2021-7-24 09:00

20210724:第一卷给人带来的丧丧社畜感让人觉得很真实,突然对生活感到无聊,突然离了职,离职之后又发现还是和之前一样。第二卷种田唐突去世似乎让女主找到了目标,虽然结尾现实处境和以前没啥变化就是了,乐队依然是生活的调理手段。

冰上行人 @ 2021-7-22 15:08

凭空而来的想法终究还是太过脆弱,理想应该是在充满矛盾与妥协的现实中逐渐清晰的,这本漫画对现在的我来说是一种救赎。//或许此作提醒我该重打一遍kirakira了

耳边蚊 @ 2021-7-11 11:33

我们从不是先生出一个与现实无关的理想,再以此在现实中生存。理想在生命的矛盾和苦闷中变得具体,人在其中成长。幸好有第二卷让故事完整了。

魔夜 @ 2021-6-25 00:08

接受苦闷的未来并向现实妥协的往前走。

Ashin @ 2021-6-17 15:16

果然这种面对现实生活的问题,终究是无解的

Beats0 @ 2021-5-23 14:21

坚持自己的梦想就是了。。。

nekojiruso @ 2021-4-5 11:17

電影感與文學性兼具:單一格內並行時間與線性時間的均衡分配、固定鏡頭與特寫、行雲流水的分鏡;淺野式文本:大量獨白與說教式台詞。不認為是治愈係,但絕不頹廢,總是喪中前行。現實與夢想不可得兼,應該在妥協中繼續追夢。To sum up,是個笑中帶淚,含淚奔跑的故事。

Orestes @ 2021-3-29 13:25

上世纪的味道

甘文 @ 2021-3-23 22:30

非常日式的青春忧伤人生故事,确实和如今的浅野大有不同,尤其是大量的内心独白这一点。很想看看新装版追加的第29话是什么样。

更多吐槽 »