ミモザの告白 (2) 小说

  • 出版社: 小学館
  • 价格: ¥726
  • 发售日: 2021-12-17
  • 页数: 342
  • ISBN: 978-4094530476
  • 作者: 八目迷
  • 插图: くっか

推荐本条目的目录

    / 更多目录

    谁读这本书?

    / 1人想读 / 12人读过 / 2人在读
    変わりゆく三角関係。いま舞台の幕が上がる

    衝撃的な一学期が終わり、咲馬たちは夏休みに突入する。
    いつもと少し違う、だけど何気ない日常の最中に、ふと頭をよぎる『あの出来事』。ちゃんと向き合わなければならない、そう思う咲馬だが、今は目を逸らすことしかできなかった。

    そんな夏休みのある日。咲馬は、汐と夏希の三人で水族館へ行くことになる。三人は暗黙の了解のように『あの出来事』には触れず、楽しい時間を過ごす。だがなんでもないように振る舞っていても、過去はなかったことにはならない。

    「二人は、付き合ってるんだよね?」

    夏休みが終われば、その先には文化祭が待ち受ける。三人はそれぞれの想いを胸に、文化祭の準備を始める。実行委員の仕事、そしてロミオとジュリエット。行き違い続けた感情が交わるとき、舞台の幕が上がる。

    『夏へのトンネル、さよならの出口』のコンビ「八目迷 × くっか」が贈る、待望の青春小説第2弾。今日的な問題に切り込んだテーマ性と衝撃的な結末から、続刊を希望する声が相次いだ話題作。
    more...

    大家将 ミモザの告白 (2) 标注为

    收藏盒

    7.5 力荐
    Bangumi Book Ranked:--

    关联条目

    评论

    讨论版

    关于戏剧的结束 井上音结 0 replies 2022-9-11
     更多讨论 »

    吐槽箱

    井上音结 @ 2022-9-11 21:21

    读完这一卷真的是如释重负,在戏剧上演时无数次拿起与放下,三人之间的关系依旧不清不明,咲马的举棋不定实在是让人有些恼火,但好在文化祭落幕,夏希终于鼓起勇气说出了那已经过期的告白

    羽宮秦 @ 2022-6-30 14:17

    「小丑鱼之歌」和「罗密欧与自我厌恶」,章节标题的选择比第一卷更富有诗意的内涵。价值观的冲突仍在继续;人际关系的微妙平衡终因自我满足的“善意”而破坏,并在最后形成了新的、更为脆弱的平衡。一切都没有解决,但在黑暗中还是出现了些许宛若幻觉的光点。「罗密欧与朱丽叶」在这里被赋予了新的象征意义;跳出固有思维、承认多元价值取向、鼓励积极的跨立场对话也成为了这一部作品试图探讨的深层次主题。

    旅夜 @ 2022-4-21 10:15

    小说评价:感觉这一卷不应该以此中断,说到底,任何一方的问题其实都还待解决。三人的关系只是在缓慢变动着,光看上一卷以为是要全力面对自我,然而还是在外围敲敲打打。

    AXIA @ 2022-2-8 23:58

    都是伪物

    らいふのライフ @ 2022-2-1 18:00

    看目录感觉八目构想的是4卷完?这卷可以说是夏希的“告白”吧,真是个好女孩。就是“好闺蜜”、“好朋友”感越来越强了。

    更多吐槽 »