カワイイけど慎重すぎるお嬢様の笑わせ方 小说系列

推荐本条目的目录

    / 更多目录

    谁读这个系列?

    / 2人想读 / 2人读过 / 2人在读 / 1人抛弃
    用心深い高嶺の花、じつはお話好き!?
    秘密の笑顔を見せてくれる、二人だけのオフレコ時間

    「あたしには友達がいません! 」
    全校生徒をビビらせた新入生代表の挨拶を披露した沈着冷静系お嬢様、桃猫ハルは笑わないことで有名だ。

    隣室のよしみから森カナトは相談をかね、話し相手になるが――
    「笑いかけることは、あなたが好きよと告白するようで嫌なの……! 」
    彼女の悩みは笑えないこと。しかし、カナトとの会話のなかで、たまに不器用な微笑を見せるように!?

    ハルは見かけによらず、実はお喋り大好きな明るい少女だった?
    「色んな場所に行って、経験して、もっと笑えるようにしてくれる?」
    「君の笑顔、保存してもOKなら」
    不満げな君に微笑んでほしくて、こっそりダベる二人だけの物語。
    more...

    大家将 カワイイけど慎重すぎるお嬢様の笑わせ方 标注为

    收藏盒

    5.3 不过不失
    Bangumi Book Ranked:--

    单行本

    关联条目

      评论

      讨论版

      吐槽箱

      提辖 @ 2022-8-4 20:46

      我面对黑色的大洞,扯着嗓子做着无谓的挣扎。星新一坐在一旁,用温柔的眼神看着我:“别这样啦,这么空虚的感觉,就算再吼上个五十年也不可能传得出来--”

      更多吐槽 »