四代目 第四代

  • 简体中文名: 第四代
  • 别名: 雏村壮一郎
  • 雛村壮一郎
  • ひなむら そういちろう
  • Hinamura Souichirou
  • 性别:

谁收藏了四代目?

全部收藏会员 »
本名は雛村壮一郎。街中の不良少年を集めたチーム「平坂組」の組長。テツ、ヒロと同年齢と思われる。狼のような目つきで精悍な顔立ちをしており、髪は白く染めている。口は悪いが仲間思いで、決断力に優れ、気配りができ、頭も切れる。実はかなりの心配性。喧嘩も非常に強く、「四天王」の一人とされる。テツとの喧嘩は一巻の時点で49勝49敗3分。
関西のテキ屋系の商家の四代目であり、実家から逃げて東京に流れ、そこで不良少年たちを束ねて瞬く間にヘッドにのし上がった実力の持ち主。部下をはじめ、多くの人間は「壮」「壮さん」と呼ぶが、アリス周辺の人間だけは「四代目」というあだ名で呼ぶ。実家を嫌っているために四代目と呼ばれることを快く思っていないが、その嫌がり方がかえってアリスを面白がらせてしまい、あだ名が定着する結果となった。からかわれるときは「ヒナちゃん」と呼ばれる。
商家の息子らしく金にうるさく、非常に建設的な思考の持ち主で理詰めであり、四巻ではイベントコーディネーターとしての仕事も行っている。ナルミのまわりでは最も常識人であり、自堕落なテツ、少佐、ヒロとは線引きをしたがるが、お互いに暗黙の内に信頼し合っている。賭け事には非常に弱い。
当初はただの高校生でありながら事件に関わってくるナルミを足手まといとしてしか見ていなかったが、やがてその土壇場での行動力を認め、義兄弟の盃を交わし、自分に何かあれば代わりにナルミが平坂組を仕切れと言うようになるまでになり、誰よりも信頼している。知り合った当初から何故か変わらずナルミのことを「園芸部」と呼び続けている。
平坂錬次とはとある事件で決別したが、無意識で彼との友情を繋ぎとめようとしており、アリスに錬次を見つけ出すよう依頼をする。
部下には秘密にしているが、実は手芸が趣味で、プロ並みの腕前を持つ。アリスのぬいぐるみの修繕も行う。

出演

吐槽箱

#1 - 2011-6-15 16:28
小雏雏+3+
#2 - 2012-2-1 11:46
(理想时薪114514)
雛醬,,來摸摸
#3 - 2012-6-18 11:01
(Idle singer of an empty day)
好一个傲娇受
#4 - 2013-1-27 03:46
(神無き世界)
第四代!~~(bgm63)(bgm63)