山内総一郎

  • 别名: やまうち そういちろう
  • 性别:
  • 生日: 1981年10月25日
  • 血型: B

谁收藏了山内総一郎?

全部收藏会员 »

职业: 音乐人

山内総一郎(やまうち そういちろう、1981年10月25日 - ) - ボーカル、ギター
大阪府茨木市出身。B型。メンバーで唯一関西弁を話す。
初期は赤いストラトキャスターを主に使用していた。「地平線を越えて」「蒼い鳥」「ペダル」ではダブルネックギターのギブソン・EDS-1275を使用する。デビュー5周年ツアーではジャズマスターをメインで使用し、半音下げの楽曲ではテレキャスター・カスタムを使用した。
志村在籍時の第4期 - 5期に製作された「水飴と綿飴」、「スパイダーとバレリーナ」、「Cheese Burger」、「記念写真」、「B.O.I.P.」、「まばたき」は彼の作曲したものである。3人体制となってからは多くの作曲を手がけるようになった。
「会いに」、「Mirror」ではボーカルを務めており、アルバム「STAR」以降リードボーカルを担当している。
小学校5年生から高校入学直前までサッカー一筋だったといい、中学時代には大阪の中学生からの選抜で、アメリカへの短期留学も経験している。高校に入る直前からギターを始め、同時期に地元で組んでいたバンド「行侍」では、TEENS' MUSIC FESTIVALや心斎橋クラブクアトロのステージに立つという実績を持ち、10代の頃から既にレコーディングで東京に上京していたという。
フジファブリックに加入する前はスタジオミュージシャンとして、中野督夫のソロアルバムのレコーディングや、湯川トーベンのライブのサポートメンバーなどで活動していた。湯川トーベンから誘われて、彼の娘である湯川潮音のライブに参加したのと同時期に、バンドの現マネージャーからもフジファブリックのライブに誘われ、後に加入した。彼がライブのサポートをしていた湯川潮音には、「逆上がりの国」という楽曲を提供している(作曲のみ)。
ギター以外にも、ベース、ピアノ(オルガン)、マリンバ、バンジョー、チェロ、グロッケンシュピールなどの楽器を所有し、主にレコーディングなどで使用している。作曲ではこれらの楽器を使用することもあり、本人は「多くの弦楽器の経験はすべてギターに還元される、ヒントになるというか。」と発言している。
2010年からの一時期にくるり、斉藤和義のサポートメンバーも務めていた。

最近参与

更多作品 »

吐槽箱