丸山宏一 丸山宏一

  • 简体中文名: 丸山宏一
  • 别名: maruyama kouichi
  • まるやま こういち
  • 性别:
  • 生日: 1970年

谁收藏了丸山宏一?

全部收藏会员 »

职业: 漫画家

日本の男性アニメーター、キャラクターデザイナー。埼玉県出身。

日本アニメーションのテレビアニメ『世界名作劇場』シリーズ作品で動画・原画を担当。『家なき子レミ』(1996年 - 1997年)の第9話「運命の出会い」で作画監督としてデビューする。その後様々な作品で作監・原画を担当し、ベガエンタテイメントを経由してシンエイ動画作品へ携わるようになる。
2005年、『ドラえもん (2005年のテレビアニメ)』の総作画監督に就任。2013年2月1日放送分より前任の渡辺歩から引継ぎ、キャラ設定[1]を富永貞義と2014年11月21日放送分まで共同担当し、総作監と兼任した。2015年5月22日放送分より、メインキャラ設定として単独クレジットされている。総作監就任以来、テレビシリーズに注力し劇場映画版の制作には長らく携わっていなかったが、『ドラえもん のび太のひみつ道具博物館』(2013年)よりキャラクターデザインを手掛けている。
『ドラえもん傑作選スペシャル』[2]では、シンエイ動画のプロデューサー齋藤敦より「しずかちゃんを一番上手に描けるアニメーター」と紹介され、顔出し出演をする他、「しずかちゃんの描き方」も取り上げられている。丸山の描くしずかちゃんについては、当時の制作デスクだった岡田麻衣子よりも「ちゃんと修正をバチッと入れてくれます」[3]とコメントされるなど、こだわりが伺える。

最近参与

更多作品 »

吐槽箱

#1 - 2017-2-9 23:14