Lauren Dyson

  • 别名: ローレン・ダイソン
  • 性别:

谁收藏了Lauren Dyson?

全部收藏会员 »

职业: 音乐人

Universal Music Publishing Group Sweden(ユニバーサルミュージックパブリッシンググループスウェーデン)のマルチプラチナアーティスト・作曲家。 英国出身の彼女はトップ40へのチャートインから始まり、ダンスミュージックシーンを象徴するBasshunter(ベースハンター)と売切続出となったアリーナツアーを周るところから本格的な音楽活動をスタートさせた。寝床につきながらクラブシーンやスタジアムで流行しそうな作詞をすることから自身の音楽家としての能力を醸成させ、今や世界中のラジオステーションで放送されるまでに至った。

作曲家として才能溢れる彼女は数えきれない程沢山のアーティストたちの作曲を担ってきた。具体的な作曲群には、K-POP先端を行くBTS(防弾少年団)の“I’m Fine(アイムファイン)”、Girls Generation(少女時代)の“Bad Girl(バッドガール)”、Jo Kwon(チョ・グォン)のthe Avicii produced “Animal”(アヴィーチーがプロデュースした曲のアニマル)、Astrid S(アストリッドエス)の“Paper Thin(ペーパーシン)”、Wiktoria(ウィクトリア)の“Save Me(セイブミー)”、Anastacia(アナスタシア)の“Caught in the Middle(コウトインザミドル)”やビルボードトップ10常連のSkylar Stecker(スカイラーステッカー)の“Blame(ブレイム)”、Red Velvet(レッドベルベット)、Taeyeon(テヨン)、Cascada(カスケーダ)、Liam Ferrari(リアムフェラーリ)の“Hurt(ハート)”等がある。また、彼女の魅力的なボーカルとしての能力はEDM音楽で有名なDJ’s Borgeous(DJボージャス)、Micheal Woods(マイケルウッズ)、Shaun Frank(ショーンフランク)、Loud Luxury(ラウドラグジュアリー)の‘Sex Like Me feat. DYSON(セックスライクミー フィーチャリングダイソン)、Sander Kleinenberg(サンダークライネンベルグ)、TYDI(タイディ)、Leeyou & Danceey(リーユーアンドダンシー)、SAVI(サヴィ)等とのコラボレーションでも垣間見ることができる。

そして、2017年にGrammy Foundation(グラミーファンデーション)から名指しで、ハリウッドのThe Fonda Theatre(ザ・フォンダシアター)で、グラミーショーケースに出演。その後すぐに”注目すべきアーティスト”として取り沙汰されるようになった。チャートの常連としてランクインし、DJとして名高いDJ Sander Kleinenberg(DJサンダークライネンベルグ)と共に2017年のビルボードダンスチャートトップ10へのランクインを “Feel like Home(フィールライクホーム)”の曲で達成。現在、彼女は人々の心をとらえるキャッチーなコレクション、ポップソング、士気の高いチーム等、彼女を音楽家として更なるレベルに昇華させるために必要な全ての環境を整えている。

また、2019年はDYSON(ダイソン)にとって、実りの多い年となっている。ソニーミュージックのDisco:wax(ディスコワックス)に関する2つのコラボレーション、チャート入りが有力視される彼女自身のSplice Vocal pack(スプライスボーカルパック)、BTS(防弾少年団)のニューアルバムの楽曲を含む多くのメジャーアーティストへの楽曲提供、2019年中盤リリース予定のTyron Hapi(ティロンハピ)とLiam Ferrari(リアムフェラーリ)のThe Times(ザタイムズ)、2019年上期にリリースしたMackenzie Ziegler(マッケンジージーグラー)のシングルEmoceans(エモーシャンズ)等の様々なアーティスト達とのコラボレーションを実現。現在はソロシングルリリースに向けて着々と準備を進めており、アーティストとしての活動を昇華させるために全身全霊を尽くしている。

最近演出角色

更多角色 »

最近参与

吐槽箱