黒沢良 黑泽良

  • 简体中文名: 黑泽良
  • 别名: 池田弘典(いけだ ひろのり)
  • 黒沢良
  • くろさわ りょう
  • Kurosawa Ryou
  • 性别:
  • 生日: 1930年10月21日
  • 引用来源: 黒沢良 - Wikipedia
  • 逝世日期: 2011年11月9日(81岁)

谁收藏了黒沢良?

全部收藏会员 »

职业: 声优

黒沢 良(くろさわ りょう、1930年10月21日 - 2011年11月9日)は、日本の俳優、声優、ナレーター、歌手。黒沢良事務所代表。和歌山県和歌山市出身。本名は池田 弘典(いけだ ひろのり)[1]。
旧制和歌山中学(現:和歌山県立桐蔭高等学校)卒業後、法政大学、関西大学、和歌山大学に通うも中退。宝塚新芸座演出部、新東宝ニューフェイス(高島忠夫と同期)、俳優座養成所(3期生・愛川欽也、小山田宗徳らと同期)などを経て、NHK東京放送劇団(4期生・来宮良子、山内雅人らと同期)に入る。

NHKのラジオドラマ『笛吹童子』(デビュー作)、『紅孔雀』などに主演した後フリーとなり、声優として活躍。1960年代から70年代にかけて、『サンセット77』『FBIアメリカ連邦警察』のエフレム・ジンバリスト・ジュニアをはじめ当時民放各局のゴールデンタイムでお茶の間の人気を集めていた海外TVドラマシリーズの主役たちを数多く吹き替えた。洋画ではゲイリー・クーパーの声を、ほぼ全作品で吹き替えている。 世界36か国で放送され一世を風靡したカナダの料理バラエティー番組『世界の料理ショー』では、ホスト役の料理研究家グラハム・カーを軽妙なアドリブやジョークを交えて吹き替え、人気を博した。

『大江戸捜査網』『長七郎江戸日記』などの連続テレビ時代劇やTVCMのナレーターとしても活躍。

また一時はNHK『お笑いオンステージ』のコメディーコーナー「てんぷく笑劇場」にレギュラー出演したり、TBSなどの生放送番組、東海テレビの競馬関連番組でMCを務めたり、歌手としてサントリー・デリカワインなどのCMソングを歌ったり、レコードを出したりと、マルチタレントとして活動していた。 後輩声優の中田浩二が主宰する劇団「櫂」の演出部に籍を置き、同劇団の公演に出演したこともある。

全日本シーエム放送連盟(ACC)CMフェスティバルコンクール賞(技術賞2回タレント賞1回)、クリオ賞、内閣総理大臣賞など受賞歴も多い。

かつてアフレコ教室を主宰していたことがあり、若本規夫、村山明、幹本雄之、一龍斎春水(旧芸名:麻上洋子)らを輩出した。

晩年は体調不良もあってナレーションの仕事に専念。BS日テレの長寿番組「BS日本・こころの歌」や民音公演などでナレーターを務めるとともに、朗読会や朗読教室などで後進の指導・育成にも力を注いでいたが、2011年11月9日、心不全のため東京都港区の病院で死去。81歳没[1][2]。

黒沢の持ち役・ナレーションを受け継いだ人物は以下の通り。

小川真司 - 「昼下りの情事」:ゲイリー・クーパー(オードリー・ヘプバーン生誕80周年記念DVD-BOX版)
佐々木勝彦 - 「誰が為に鐘は鳴る」:ゲイリー・クーパー(PDDVD版)
石塚運昇 - 「真昼の決闘」:ゲイリー・クーパー(PDDVD版)
加藤亮夫 - 「モロッコ」:ゲイリー・クーパー(PDDVD版)
池田勝 - 「新・世界の料理ショー」:グラハム・カー
山寺宏一 - 「大江戸捜査網2015〜隠密同心、悪を斬る!」:ナレーション
原田和哉 - 「BS日本・こころの歌」:ナレーション

最近参与

吐槽箱