てにをは

  • 别名: 織川制吾
  • Teniwoha

谁收藏了てにをは?

全部收藏会员 »

职业: 制作人员

VOCALOIDを用いた楽曲を制作している、P(プロデューサー)の一人。

ユーザーページの画像、コミュニティTOP画像が女性であることから、時折女性と勘違いされる事があるが、れっきとした男性である。夢のアラサー。

名前は、助詞の「てにをは」に由来している。つけた理由は、言葉の響きが摩訶不思議で好みだったこと、他に同名の人物もいそうになかったからとのこと。

使用VOCALOIDは初音ミクであったが、2012年11月07日にリリースされるコンピレーションアルバム『EXIT TUNES PRESENTS Storytellers RPG』の描き下ろし曲、『Dance with enemy』で、初めてGUMIを使用したオリジナル曲を発表した。

和のイメージが強いが、和風曲から、ロック、メタル、ポップまで作風は幅広い。また、楽曲で取り扱う題材も、推理物、ファンタジー、妖怪、恋愛物など様々である。

言葉遊びや、韻を踏んだ歌詞が特徴的。語彙が非常に豊かであり、美しい日本語を楽しむことが出来る。

楽曲の動画、イラストは七星氏、なのり氏が手掛けることが多い。自身でイラストを描いている曲も投稿している。

2010年09月11日投稿、『ルリビタキの巣』でニコニコ動画デビュー。

2012年03月16日投稿、『怪異物ノ怪音楽箱』で自身初、念願のVOCALOID殿堂入りを達成。

2012年07月03日投稿、『古書屋敷殺人事件』で2作目のVOCALOID殿堂入りを達成。

2012年09月23日、ボーカロイドオンリー同人誌即売会「VOCALOID Fantasia3」にてミニアルバム『密室音楽箱』を配布。

2012年12月05日投稿、『異国人形館殺人事件』で3作目のVOCALOID殿堂入りを達成。

2012年12月11日、ヤマハ公式Facebookサイトで『異国人形館殺人事件』のピックアップ記事が掲載。

2012年12月15日、アスキー・メディアワークスより発売される「MIKU-Pack 00 -music & artworks feat. 初音ミク-」で、女学生探偵シリーズの二作品、『古書屋敷殺人事件』『異国人形館殺人事件』のピックアップ記事が4ページに渡って掲載された。イラストを担当したなのり氏による漫画も収録されている。

また、同社より女学生探偵シリーズがノベライズ化されることが発表された。日程や内容については未定。

最近参与

更多作品 »

吐槽箱