黄昏のシンセミア 〜冬の木漏れ日〜 小说

  • 作者: 桐月
  • 出版社: 一二三書房
  • 价格: ¥ 842
  • 发售日: 2013-07-05
  • 页数: 317
  • ISBN: 4891991607

谁读这本书?

/ 5人想读 / 12人读过 / 1人抛弃
夏――山に囲まれた御奈神村で起きた動物の集団暴走事件。
その原因は『天女』の道具によるものだった。皆神孝介とさくやの兄妹は、その天女の子孫として事件を解決し、互いへの想いを確かめ合った。

季節は巡り、冬。

孝介とさくやは、大学に学園にと、それぞれの日常に戻っていた。そんな中、さくやの通う学園でおかしな事件が起こる。
夏の事件を髣髴とさせるその事件は、二人にとって無視できないものだった――。

『黄昏のシンセミア』のその後が描かれたオリジナルエピソードです!
more...

大家将 黄昏のシンセミア 〜冬の木漏れ日〜 标注为

收藏盒

6.9 推荐
Bangumi Book Ranked:--

关联条目

评论

讨论版

吐槽箱

千羽雪蝶@绝对恋妹主义 @ 2018-5-21 20:49

接着游戏本篇的一个小短篇,同时对“交换人偶”这一设定做出了补充说明。

Sinsemilla @ 2016-10-3 17:45

买不起游戏 买本书算了……

Kane @ 2015-6-25 12:14

没scene也就算了,连糖都不发!哼!

全废の熙 @ 2015-3-31 21:49

这次写了写,在本篇中轻微描写的“亲子爱”——桐月后记。

更多吐槽 »