ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア (9) 小说

  • 出版社: SBクリエイティブ
  • 价格: ¥ 670
  • 发售日: 2017-06-14
  • 页数: 328
  • ISBN: 4797392819
  • 作者: 大森 藤ノ

推荐本条目的目录

    / 更多目录

    谁读这本书?

    / 7人读过
    これは少女時代のアイズのお話

    王国軍出兵。
    ベートの活躍によりアマゾネス狩りの事件を収束させたのも束の間、都市外からの侵略者の迎撃に乗り出す【ロキ・ファミリア】。
    強過ぎる冒険者達によって万の軍勢が蹴散らされていく中、ひょんなことから発せられた少女の問いが、リヴェリアの記憶の扉を叩く。

    「昔のアイズさんの話、聞かせて頂けないでしょうか?」

    それは、当時『人形姫』と謳われていた少女の秘話。
    追憶の欠片はハイエルフの想いを過去に飛ばし、一方で竜信仰の村に辿り着いた少女もまた在りし日の情景を追想する――。

    これは、もう一つの眷族の物語、
    ──【剣姫の神聖譚】──
    more...

    大家将 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア (9) 标注为

    收藏盒

    6.8 推荐
    Bangumi Book Ranked:--

    评论

    讨论版

    吐槽箱

    Kane @ 2017-6-26 15:06

    里维利亚麻麻 / 章节标题是致敬君望吗

    waox @ 2017-6-25 16:45

    大森藤ノ外传走的是群像的感觉,但是人物实在是支撑不起群像,王道的剧情在格局更大的外传未免过于无趣。

    Blackonion @ 2017-6-18 17:32

    冲着アイズ第一次买了外传,结果发现外传似乎终究没有本传好看。个人感觉由于作者抱着外传必须和本传处于同一个世界,导致缺乏意外性,写不出有趣的东西。这卷最大亮点大概是母女(?)吵架了。不过有了某白发少年作对比,アイズ的成长也不见得有多迅速多出色……总之给人感觉,这就是“外传”(仅是补充本传,而不可能超越),有种应付式,或者说不尽兴的味道

    更多吐槽 »