医龍 -Team Medical Dragon-

ep.7 絶対許せない男

时长:00:46:50 / 首播:2006-05-25
 朝田龍太郎(坂口憲二)たちのチームによるバチスタ手術は成功。加藤晶(稲森いずみ)や野口教授(岸部一徳)は満面の笑みで記者会見に臨む。だが、翌日の新聞の紙面を飾ったのは霧島軍司(北村一輝)らが北日本大学でアメリカとドイツの名医を助手にバチスタ手術を成功させたという記事だった。すぐに加藤は霧島に電話するが、留守番電話になったきり。
 朝田もバチスタチームも終わりだという噂を耳にした伊集院登(小池徹平)はいたたまれない。しかし、鬼頭教授(夏木マリ)はバチスタ手術に関する論文で北日本大学に先を越されれば、加藤は失脚、バチスタチームは解散となり、朝田を救命救急部に手に入れやすくなると期待していた。そして、鬼頭は朝田に、バチスタチームのことで話があるから、時間を取ってほしいと告げる。
 野口は加藤に明真大学がバチスタ手術を行う情報が、北日本大学に漏れていたのではないかと追及。加藤は焦るが、来週には2人目のバチスタ手術を行い、論文の内容にも新しい切り口を加えると言う。そんな加藤に、野口は論文で北日本大学に先を越されるようなことがあれば、明真大学を辞めてもらうことになると告げた。
 そんな中、藤吉圭介(佐々木蔵之介)がナースステーションにカルテを取りに行くと、里原ミキ(水川あさみ)の様子がおかしい。バチスタ手術の際の看護師の権限を越えた医療行為については一件落着したはずだと言う藤吉に、ミキはそのことではないと言い、自分と霧島とのある関係について話す。そしてそれを藤吉から聞いた加藤は…。
 一方で、伊集院は朝田に麻酔医の荒瀬(阿部サダヲ)について調べるように言われる。そして荒瀬のある過去について知ってしまう…。