三宅純

  • 别名: Jun Miyake
  • みやけ じゅん
  • 性别:
  • 生日: 1958年1月7日

谁收藏了三宅純?

全部收藏会员 »

职业: 音乐人

三宅 純(みやけ じゅん、Jun Miyake, 1958年1月7日 - )は、日本の作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、トランペット奏者。
ニューヨークで活動しているジャズ・サックス奏者ジュン・ミヤケ(漢字表記不明)は同名異人。

1958年京都府に生まれ、鎌倉で育つ。神奈川県立光陵高等学校在学中より新宿ピットイン等でプロとしてライヴ活動を始める。大学受験期を目前にして尊敬する日野皓正を訪ね、日野の推薦で高校卒業後の1976年にバークリー音楽大学へ入学する[1]。在米中は自己のグループを率いて、ボストン、ニューヨークで演奏活動、1981年にはマサチューセッツ州アーティスト・ファウンデーション主催の作曲コンクール・ジャズ部門で優勝する。
1981年に帰国。ジャズミュージシャンとしてライブ、スタジオワーク、作・編曲活動を開始する[注 1]。時代の盲点を突いたアーティスト活動の傍ら作曲家としても頭角を現し、CM、映画、ドキュメンタリー、コンテンポラリー・ダンス等多くの作品に関わる。
1983年、デビューアルバム『JUNE NIGHT LOVE』をリリースする。このアルバムに収められた2曲がアンディー・ウォーホル出演のTDKのCMで起用されたことがきっかけでCM音楽制作を始め、後に「CM王」との異名をとるほどCM音楽界では有名になる。3000作を越えるという担当CMの中には、カンヌ国際映画祭などでの受賞作も多数ある。
1996年にはオリバー・ストーンの推薦により、クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー(CAA)と作曲家として正式契約。異種交配を多用した個性的なサウンドは、ピナ・バウシュ、ヴィム・ヴェンダース、パトリス・ルコント、ロバート・ウィルソン、ジャン=ポール・グード、大友克洋等から絶賛されている。ジャンルを超越した活動を通じてハル・ウィルナー、ピーター・シェラー、アート・リンゼイ、エヴァン・ルーリー、アルチュール・H、ヴィニシウス・カントゥアリア等海外アーティストとの交流も深く、パリ・シャイヨー宮におけるフィリップ・ドゥクフレとの即興セッション(2000年)、ロバート・ウィルソンの『The White Town』の音楽監督(2002年)、北京での京劇俳優との即興セッション(2002年)、ベルリン・ジャズ・フェスティバルへの参加(2003年)、ピナ・バウシュ、フィリップ・ドゥクフレ、カトリーヌ・ウィードマン等ダンス作品への楽曲提供(2005年〜2010年)、ヴィム・ヴェンダース監督作品『ピナ』への楽曲提供(2011年)等で国際的な評価を受けている。
2005年秋よりパリにも拠点を設け、世界を舞台に活躍。2007年のオリジナルアルバム『Stolen from strangers』、および2013年のオリジナルアルバム『Lost Memory Theatre act-1』は、欧米の音楽誌で「年間ベストアルバム」「音楽批評家大賞」などを連続受賞。ギャラリーラファイエット・オムの「2009年の男」に選出され、同年の5月にはパリの街を三宅純のポスターが埋め尽くした。主要楽曲を提供したヴィム・ヴェンダース監督作品「Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」(2011年)はEuropean Film award2011 ベストドキュメンタリー賞 受賞、またアカデミー賞2012年ドキュメンタリー部門、英国アカデミー賞2012年外国語映画部門にノミネートされた。
2016年、ブラジルで開催されたリオデジャネイロオリンピックの閉会式において、セレモニーの導入曲となる「君が代」の編曲を担当。また、その後奏曲である「ANTHEM OUTRO」の作・編曲を担当した。

最近参与

更多作品 »

吐槽箱