takamatt


谁收藏了takamatt?

全部收藏会员 »

职业: 制作人员

『takamatt』(たかまっと)とは、VOCALOIDを用いた音楽活動をしている動画投稿者です。

使用しているVOCALOIDは初音ミク(初音ミクAppendも)、Megpoid(GUMI)、歌愛ユキ(ボカロ小学生)、氷山キヨテル、鏡音レン。

2009年10月6日、初音ミクのオリジナル作品『コンパイルムーン』でニコ動にデビューした。同作は少女の淡い恋心を、ソフトウエア開発用語のオブラートに包んだミクノポップ曲。その後もジャンルにこだわらず、いろいろな作風の楽曲を世に問うている。

本格的にブレークしたのは、2010年に投稿されたGUMIオリジナル曲、『アイノヨロコビ』と『Just a game』。前者は結婚式の場面を思い起こさせながら、普遍的な人間の愛を高らかに歌う。後者は、物憂げで緩い前奏からダンスホール調の速い主部への鮮やかな展開が視聴者を引きつけ、投稿から10日後の6月13日午前1時20分、同氏の作品で初めて10万再生突破(VOCALOID殿堂入り)を果たした。

同曲のほかにも、VOCALOIDシーンでは珍しい「R&B(リズム・アンド・ブルース)」の作り手として一定の評価を得ており、2011年2月12日には、かごめPとともにブラックミュージック・コンピレーション『GOOD 2 GO!』(公式サイト)を主宰、同人即売会「VOCALOID FESTA01」にて頒布した。

同年6月12日には1stアルバム『Miracle Child』を発表、同人即売会「THE VOC@LOID M@STER 16」にて頒布した。先行して公開された『Life is beautiful』や、代表作『Just a game』『Mr.Wonder』『Joy of Love(「アイノヨロコビ」より改題)など、VOCAR&Bを大々的にフィーチャーした渾身の11曲を収録している。ジャケット・ブックレットのイラストは「富岡二郎」が手がけており、とある都会の路地裏を舞台にした、絵物語風の形をとっている。同アルバムはD-STAGE、メロンブックス、およびとらのあなにて委託販売が行われている。

2012年にはコナミデジタルエンタテインメントにて稼働した「SOUND VOLTEX」で「MAX300」のアレンジャーとして音楽ゲームに初参加した。

最近参与

更多作品 »

吐槽箱

#1 - 2021-11-6 13:51
(很喜欢蒙古上单的一句话)
雷鬼大神要退圈了,悲伤