鉄道員

推荐本条目的目录

/ 更多目录

谁看这部剧集?

/ 5人想看 / 23人看过 / 1人在看
章节列表 [全部]:

讨论 (+0)
高倉健が『動乱』以来19年ぶりに東映映画に出演した作品であり、広末涼子との共演や坂本龍一の起用なども話題を集めた。
さらに公開時期に放送されていた北海道の駅を舞台とした連続テレビ小説『すずらん』と併せて、JR北海道・JR東日本によるオレンジカードなどの販売、両作の撮影協力を発端にSLすずらん号運転開始という形で北海道で蒸気機関車が復活するといったタイアップも実現した。
映画版は原作をより大きく膨らませている。本編上の時間軸は、幌舞線の廃止と乙松が退職を迎える寸前の現代の歳末から正月明けにかけてで、加えて乙松が回想する形式で、かつて炭坑の町だった幌舞に暮らしてきた人々にもスポットを当てている。
乙松が駅長を務める「幌舞駅」は、根室本線の幾寅駅を改造して撮影された。ただし、該当駅は終着駅ではなく途中駅であるため、模擬の腕木式信号機や車止めを設置するなど、いくらかの細工が施されていた。本線と幌舞線が分岐するターミナル駅として登場する美寄駅は滝川駅で撮影された。
ゴシップ誌『噂の眞相』での映画会社社員による覆面座談会形式の取材を基にするとした記事[2]では、本作のヒットにより、1997年の東映作品『北京原人 Who are you?』の損失をカバーできたという記述がある。
キャッチコピーは「男が守り抜いたのは、小さな駅と、娘への想い。」「1人娘を亡くした日も、愛する妻を亡くした日も、男は駅に立ち続けた…」
more...

收藏盒

8.4 力荐
Bangumi Real Ranked:--

关联条目

评论

讨论版

吐槽箱

@ 2021-6-20 23:45

上影节的最后一站。此致,明年见。

(已脱宅) @ 2021-6-12 18:02

Poppoya的坚守或是按片中乙松本人说的这是一种执着。顾此失彼是此类题材的寻常桥段。私以为本片的特质在于可以将其作为彻底的悲剧观看。见证着乙松一生幌舞直线终究要废掉,追寻父亲的脚步让自己屈才是工程师的愚钝,渴望事业传承却不得甚至又失去了现有家庭,固执的鳏夫拒绝了挚友,而罢工戏又是对其的嘲讽。反倒是死在雪地中更普通一些。主要的不满在于幻想部分插入太暴力,这时的制服凉子演技实在不行。

細氷 @ 2021-2-13 23:22

在火车上看的。前面多少有点不明所以,其实对站长特殊情况不能找人临时替一下的做法不太能理解。但随着剧情推进情感慢慢积累下来了,到广末凉子表明身份的时候,竟然潸然泪下哭到结尾。这就是平成时代的昭和味电影吗?以及不得不说广末凉子太好看了。

无依 @ 2020-10-4 19:48

还不错,就是节奏比较慢

山 前 @ 2015-8-17 00:34

涕泗横流。硬朗的身躯存着赤子之心,皆从饱经风霜的每一言每一行透出暖意以烘热冰雪中的人心。可敬可畏并非源于泛泛的物恋,而是某种根本上的职责感,其中公又未盖过私,亲友乡情一直作为老男人的一面,而皆顺着幽敻的铁道迤逦千里,充荡在四处故土。平和,消解不算易。高仓先生兀自高迈,演绎饱有力度与热度。广末纯真,承住“母”的形象。剪辑无不插叙而未显错位,时间跨度丰润真情。镜头呈露真功夫,空间有层次又宽裕。音乐摧肠

更多吐槽 »