理想のヒモ生活 (11) 小说

  • 作者: 渡辺恒彦
  • 出版社: 主婦の友社
  • 价格: ¥671
  • 发售日: 2018-07-31
  • 页数: 328
  • ISBN: 978-4074338689
  • 插图: 文倉十

推荐本条目的目录

    / 更多目录

    谁读这本书?

    / 2人读过
    アウラはかねてから検討していた「宰相」と「元帥」の役職を置き、宰相にレガラド子爵フィデルを、そして元帥にプジョルを任命した。アウラの国務の負担が減ることは喜ばしくもあったが、それは同時に、望まない方向に国が進みかねない危険性も孕んでいた。さらに、双王国の対応から北大陸への懸念を抱いたアウラは、フレア姫に同行する形で、ウップサーラ王国を訪問して欲しいと善治郎に告げる。しかし、木造帆船で数ヶ月にも及ぶ危険な航海に出ることは、善治郎にとって受け入れがたい話。そこでアウラは、少しでも安全な航海にするために、なんと『瞬間移動』の魔道具を作ってもらおうと提案するのだった。
    more...

    大家将 理想のヒモ生活 (11) 标注为

    收藏盒

    7.0 推荐
    Bangumi Book Ranked:--

    关联条目

    评论

    讨论版

    吐槽箱

    smallcat @ 2018-11-26 13:02

    无良雇主继续压榨社畜(物理)/ 魔法版工业革命的曙光出现了——工业化的双王国要和北大陆教皇国开片了?

    更多吐槽 »