ぼくたちのリメイク (6) アップロード日:9月1日 小说

  • 出版社: KADOKAWA
  • 价格: ¥ 670
  • 发售日: 2019-03-25
  • 页数: 296
  • ISBN: 978-4040656328
  • ASIN: 4040656326
  • 作者: 木緒 なち
  • 插图: えれっと

推荐本条目的目录

    / 更多目录

    谁读这本书?

    / 7人读过
    大学を去った貫之を取り戻すために僕、橋場恭也はナナコと共に貫之の実家がある川越へと向かうことに。足跡を辿ってどうにか貫之と再会することはできたがそう簡単に行くはずもなく…。一方、大阪では学園祭の出し物を相談している美術研究会の一同。新たに仲間に加わった斎川の提案によりコスプレ喫茶をすることになったがなぜか成り行きで河瀬川も巻き込まれて!?川越と大阪、二つの舞台で繰り広げられる動画制作課題の行く末は―。いま何かを頑張っているあなたの為にある青春作り直しストーリー、再生と変化の第6弾!「僕たちに必要なもの。それは―物語だ」
    more...

    大家将 ぼくたちのリメイク (6) アップロード日:9月1日 标注为

    收藏盒

    7.6 力荐
    Bangumi Book Ranked:--

    关联条目

    评论

    讨论版

    吐槽箱

    aerbioer @ 2021-9-16 10:08

    “我才不要投身什么地狱。一起去,创作的天堂吧!”主线内容还算精彩,不过这个搞基&撩妹两手都要硬的感情线实在是有碍观感。明明是喜爱的角色奈奈子闪光的一卷,读起来却一点也不兴奋,男主的行动完全就是在摆烂。如何让暧昧显得清爽、优柔寡断变得合理,还得靠作者的功力啊

    水嶋春歌 @ 2020-2-1 01:15

    把贯之召回的套路又是王道,但是能把王道写好也真的是立派的事情,可怜天下父母心,但是总有一些名为创作者的傻瓜是注定要投身于暴风雨中的,这时候也只能默默祝福自己心爱的子女幸福,希望他忠实的伙伴们能够对他不离不弃了吧。说实话我即使读了六卷,还是觉得这书完全没必要特地写恋爱部分和校园部分,大家都是立派的创作者,何必拘泥于这些。

    更多吐槽 »