宮武一貴 宫武一贵

  • 简体中文名: 宫武一贵
  • 别名: 渡辺一貴
  • 渡邊一貴
  • 渡边一贵
  • 宮武 一貴
  • みやたけ かづたか
  • Miyatake Kazutaka
  • 性别:
  • 生日: 1949年9月21日
  • 妻子: 渡辺智子

谁收藏了宮武一貴?

全部收藏会员 »

职业: 制作人员

宮武一貴は、スタジオぬえ所属のメカニックデザイナー、イラストレーター、コンセプトデザイナー。神奈川県横須賀市出身。本名は渡邊一貴。
大河原邦男と並び、日本のメカニックデザイナー職を確立した草分け的存在である。

【経歴】
幼少時より父親の仕事で海上自衛隊横須賀基地に出入りする機会が多く、軍艦などに間近に接した経験からミリタリーイラストを描き始める。後に『2001年宇宙の旅』の特撮メカニックに衝撃を受け、宇宙船などのSFイラストに開眼する。
同人時代にはSF小説も執筆し、1972年と1974年にSF同人誌『宇宙塵』に発表した『スーパーバード』『コッペリア』の2編は1977年と1987年に講談社と河出書房新社から出された『宇宙塵』の傑作選にも収録された。
東京農工大学農学部大学院在学中の1972年、同人会の仲間とSFクリスタルアートスタジオを創設(のちにスタジオぬえへ移行)。同僚加藤直之と共に同社の専門であるSFアニメなどのメカニックデザインや、SF関連のイラストを多数手掛け、当時のSFビジュアルシーンに大きな影響を与えた。加藤との共同デザインである小説『宇宙の戦士』(ハヤカワ文庫版)のパワードスーツは、『機動戦士ガンダム』を始めとするリアルロボットアニメの誕生に繋がった。
以来、スタジオぬえ名義のものも含め、メカニックデザイナーとして質・量共に圧倒的な仕事量をこなしてきており、現在でも第一線で活躍している。
アニメの主役級メカとしては『超時空世紀オーガス』のオーガス『聖戦士ダンバイン』のダンバインなどがある。また、幼少時の経験を基にして宇宙艦艇をデザインし、『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』のアンドロメダや劇場版『銀河鉄道999』のアルカディア号などを手掛けた。スタジオぬえの代表作「マクロスシリーズ」では後輩の河森正治とともにメカニックデザインを手がけ、敵対する異星人の文明(文字・言語・技術・美術体系)など、作品世界全体の設定も行っている。
【作風】
SF理論のみならず科学・軍事・生物・建築など多分野にわたって知識を幅広く持つ人物であり、その博識を活かした兵器から動植物まで描き分けるデザインの幅広さや応用力の高さが特徴である。美術全般の設定にも能力を発揮し、近年は作品のトータルの世界観を創造するコンセプトデザイナーとしての活動を主としている。
戦艦や要塞など大きなものをデザインするときは、大きな紙に描くのが望ましい。『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』に登場する超巨大戦艦は紙を横に3枚つなげて設定画を描いた。『超時空要塞マクロス』に登場するブリタイ艦(全長約4,000m)はホワイトボードに描いた。
若手時代から数多く制作し名高いものとして、メカの外装を透かしてその内部構造や機能を描き出すいわゆる「透視図解」イラストがある。『マジンガーZ』のエンディングに使用された図版が有名であるが、これは宮武が学生時代にアルバイトで描いたもので、エンディングで大きく扱われたことには本人が驚いたという。SF小説に登場する宇宙船の他、スーパーロボット系アニメ作品でも自らがデザインしていないメカでも数多く手掛けている。
CG制作に早くからとりくんだ同僚加藤直之とは対照的に、「意思がダイレクトに伝わる」アナログの鉛筆画にこだわり続けている。パソコンや携帯電話は必要性を感じていないため所持しておらず、仕事上での連絡ツールは主に電話とファックス。

【人物・エピソード】
小澤さとるを「生みの親」として私淑する一方、本人に会うまでは意図的に、彼に接近する作品を避けてきたと話している。
体格が良く、仕事でアメリカに行ったときは現地の人にインディアンだと思われたというエピソードがある。

最近参与

更多作品 »

吐槽箱

#1 - 2016-6-3 14:37
初代macross号的设计者,早期power suit的设计者之一,机械设计师的祖师爷