日出処の天子 漫画系列

  • 中文名: 日出处天子(花与梦COMICS)
  • 册数: 11(日版);10(東立)
  • 作者: 山岸凉子
  • 出版社: 白泉社東立出版社
  • 连载杂志: LaLa
  • 开始: 1980年4月号
  • 结束: 1984年6月号
  • 丛书: 花とゆめコミックス

谁读这个系列?

/ 18人想读 / 13人读过 / 2人在读 / 1人抛弃
本作は、飛鳥時代を背景に、政治的策謀をめぐらす厩戸皇子に毛人(馬子の長子として描かれている)をはじめとする蘇我家の人々や、崇峻天皇・推古天皇らが翻弄される形で話が進んでいく。

ある春の日、14歳の蘇我毛人は天女と見まごう美しい女童に偶然出会い、ほのかな恋心を抱く。それは実は10歳になる厩戸皇子であった。年若くとも非凡なる教養と才能、政治的手腕、威厳を持つ厩戸は並み居る臣下からも一目置かれる存在となる。しかし厩戸は自らが持つ不思議な力ゆえに、実母の穴穂部間人媛に恐れられ疎まれており、母から愛されない事に苦悩していた。同じく厩戸の不思議を感知した毛人は、時折垣間見る厩戸の孤独に心を痛める。尊敬と畏怖と好意を持って厩戸に接する毛人だが、厩戸にとって毛人は自分の持つ超能力を共有できる唯一の不可欠な存在であった。しかし毛人は無意識下でしか超能力を引き出せず、自分の能力を自覚していない。

厩戸の毛人への思いはやがて愛へと変わってゆき、毛人も自分が厩戸に惹かれていることを感じるが、やがて石上神社の巫女であった布都姫と出会い、恋に落ちてしまう。

厩戸は嫉妬に悩まされ、策謀を巡らして布都姫を殺害しようとするが、毛人に気づかれる。それまでの諸事に厩戸の策略があったことを悟った毛人は、厩戸に「二人が結べば万物を自由に動かす力が実現され、この世を意のままにできるから共に生きよう」と説得されるが、毛人は「二人が共に男として生まれたのは一緒になってはいけない運命だからだ」と答え、苦渋の内に厩戸から離れ、布都姫を選ぶ。

作品は厩戸が孤独の中に残される一方、政治的実権を握り、遣隋使を発案するところで終わる。
more...

单行本

评论

【画册《光》访谈翻译系列】解密大作《日出处天子》山岸凉子VS中岛罗门

by 夜雨 2018-12-24 01:53 (+0)
白白原图扫描 毛毛虫译 画册p152-155 恐怖与幽默 山岸 我从以前就觉得罗门先生的作品很有意思,所以,没读过(笑)。其实我是“别人写的有意思的东西偏不读”主义者。 中岛 你说的我懂。因为会受影响吗? 山岸 不止这样,我总会有一种感觉,由别人完成的作品就算看了……在 ... (more)

【画册《光》访谈翻译系列】山岸凉子谈 前人未画过的世界《日出处天子》

by 夜雨 2018-12-21 09:16 (+0)
白白原图扫描 毛毛虫译 画册p150-151 ——说到底,您对厩户王子=圣德太子抱有兴趣的契机是? 差不多是小学还是初中那段时间里,报纸上登载了一篇报道:“在法隆寺,圣德太子传下的佛像空洞(胎内)里,发现了刻有镇魂字符的剑”。我那时候想“在佛祖的体内放着一把剑,好可怕 ... (more)

讨论版

吐槽箱

圣子圣灵圣父 @ 2022-11-22 18:23

前承《风与木之诗》,后继绝爱的作品,在拷贝看的,看的是这个版本

张拆niao @ 2022-9-20 02:31

9.0 在圣德太子有超能力的虚构下演绎飞鸟时代权力斗争,使其表象与史书所述及后世解读完美符合,描绘爱情似只一步之遥却宿命般不可能的杰作。看过宇野常宽世界系的决断主义风险的解读,读前半觉得观点生硬,后半始觉得对,但他选择性释经没讲毛人人格成长与同性爱的非自然性反驳同样无力,最后选弱智女也很难说是决断主义而是山岸贫弱的缺母爱归因,让我看结尾一股你一生的故事味。另按此设,苏我入鹿和山背命定的相残令人唏嘘

塔塔君 @ 2022-1-27 14:15

若说对历史的知情让作者与读者处于一种本身无法避免的超然的视角,而故事的演绎正是在公认周知的历史缝隙中。山岸凉子、少女漫画在历史缝隙中的演绎除了诸行无常,还有无常的性爱欲如何走向必然。毛人的抉择与其说是主动寻求所谓人的进步之路,不如说他、厩户都无法逃避历史的引力。其悲剧的本质在于,连最私人的性爱欲都成为了历史的所有物,那些心象世界永远呈现的是在宿命中挣扎,最终被历史削去棱角、走向凡人的过程。

brad @ 2022-1-17 14:11

v2

总得做点什么 @ 2016-8-25 22:29

读之前不知道是BL,老实说受了点惊吓。但故事我是挺喜欢的

更多吐槽 »