絶望へと続く扉の向こうで,
君が待っていると言うなら堕ちて行こう,
消えない傷跡に残した痛みに,
破滅の音が聞こえる,
禁断の言葉紡ごうか,
朱く染まる空に描いた幻影,
恥じらう君の微笑み,
深淵へと紡ぐ小さな軌跡に,
僕は君の為ならば堕ちて行ける,
暗闇に飲まれて失う心に,
微かに宝石が光る,
君へ辿り着くように。
  • Bangumi 2020-12-5 加入