绝望でよかった、虚无だけを望んだ  约束と绊と、思い出と时间と それだけが、乾く命を 润す、きしむ心をやさしく、包み込む 世界と自身とを、わかつ壁は 人をかたどり、闭じこめる槛 そしていつかは寂しさ, から手をのばし 优しいく、伤つけあって  消えてゆく世界を、ただ眺め続けた 吐き出した悪意が、空に引き裂かれた いつまでも、続く每日、梦见て いたむ心を抱、さまよった いたむ たとえば孤独なら、伤っくのは 一人ぼっちの、自分だけだと そしていつかは寂しさ、から手をのばし 甘美な、回顾に摇れて ざわめく、人の记忆 この空がなくなる、その日までは、生きていこう 世界と自身とを、交差させる 言叶、伝える、ためのCHANNE そしていっかは寂しさ、から両手広げ 锖っく、世界を、抱いて
  • Bangumi 2018-11-17 加入